ジャンク箱から見つけてきた¥300のズームレンズの実力、その2。

フィルムカメラと一緒にセットで売られていた、所謂「キットレンズ」
レンズ鏡胴はプラスチックだけれど、マウントはちゃんと金属マウントが使われている。

最近のデジタル用のレンズでも、キットレンズはプラマウントが多い。
あれはどうしても好きになれない。

このレンズはAFもちゃんと動く。
とにかく軽い。
そしてフィルム時代のレンズと言っても、かなり良く写ってくれる。

私は単焦点派だけれど、昼間の「お写ん歩」にこれからも活躍してくれそう。


「Building window」

20171009 Building window