Spiritual voice

address resolution protocol みんなとつながっている世界のはずなのに、どこにいるか分らない・・・

散歩

気球 〜 あの空へ

ゆっくりと大空へ!

気球に乗ってあの空へ

遠くの知らない街まで行ってみたい。

20170805 あの空へ


夏の世、丑三つ時

寝苦しい夏の夜。

私が谷中の墓地に通りかかったとき、

背後から赤子の泣く声が聞こえるんですよ。

振り返ると誰もいない。

嫌だな〜、怖いな〜って思ったんですよ・・・

20170722 東京都谷中霊園


また歩きはじめると、また赤子の泣く声が聞こえるんですよ。

とっさに振り返ると、白い着物の女が墓石の端に立って手招きをするんですね。

おいおいおい、こんな時間に手招きかい・・・


不気味な雲と空

夕方、陽が沈み徐々に暗くなってきた。

ショッピングセンターの駐車場の屋上にて見上げた空。

空にはここだけ一筋に繋がる雲。

その先には・・・

赤く光る雲、そしてお月様。

何だか不気味な空だった。

引き続き地震、気象の変化には暫く注意ですな。

20170806 そらのいろ-1

20170806 そらのいろ-2


20170806 そらのいろ-3


20170806 そらのいろ-4

見沼たんぼの小さな生き物たち

岩船ひろきさん主催の虫取りイベントが8月8日(火)に行われる。

このイベントは岩船くんが
「一人で虫取りするよりも、みんなでする方が楽しい!」
ということで企画したイベント。

市川セカイさんも参加するけれど、昼間は音楽のライブではなく
見沼たんぼでみんなで虫取り&生態系観察&ゴミ拾いをしよう!
捕まえた昆虫は観察してすぐに元の虫たちの世界に戻してあげよう!
という、とても楽しそうなイベントです。

とても行きたい〜っ!!!って思うけれど、お仕事の日。
なので、少し先取りしてカメラ片手に「見沼のかかし」を見た後に
「畦」をガサゴソと歩いて小さな生き物を見てきました。

蛙を見つけては、そ〜っとカメラを蛙に近づける・・・が
「ピョン!」
なんか変なのが来たぞ!って「たんぼ」に逃げられてしまう。
魚眼レンズなので1cm位、遠くても数センチまで近づくのはとても難しい・・・

小さな生き物達の顔、とてもかわいい。

20170805 見沼たんぼの小さな生き物-蛙1


20170805 見沼たんぼの小さな生き物-イナゴ1


20170805 見沼たんぼの小さな生き物-イナゴ2


20170805 見沼たんぼの小さな生き物-蛙2


8月8日はルートを見ると相当歩く事が想定されるので
しっかりと長距離を歩ける靴、帽子、タオル、飲み物、両手が使えるカバン
そして着替えは必需品です!

みんな笑顔 〜 見沼たんぼのかかし達

先日見に行った時はみんなで一か所に集合していたけれど、

夜になってから歩いて移動したのか、

たんぼを取り囲む様に、守るように立っていた。

見沼たんぼのかかし達は・・・

「みんな笑顔」

20170805 見沼たんぼのかかし-1


20170805 見沼たんぼのかかし-2


20170805 見沼たんぼのかかし-3


20170805 見沼たんぼのかかし-4


20170805 見沼たんぼのかかし-5


20170805 見沼たんぼのかかし-6


20170805 見沼たんぼのかかし-7


20170805 見沼たんぼのかかし-8


20170805 見沼たんぼのかかし-9


20170805 見沼たんぼのかかし-10


20170805 見沼たんぼのかかし-11


見沼たんぼのイネも花が咲いてきて、とても大きく育ってきました。

愛玉子 〜 上野桜木

モノクロフィルムで撮った風景の写真を載せてみる。

私が西日暮里から上野までを散歩するいつものコースの道沿いにある

「愛玉子」 (オーギョーチィ)

今風の若者がずらりと並んでいる流行りのお店とは違って、
パッと見 古臭いラーメン屋さんの様な店構えと、
店先のサンプルやメニューだけでは、知らない人はきっと通り過ぎてしまうだろう。
実はとても有名な老舗の甘味処なんです。

「喫茶」と書いてありますがメニューは台湾スイーツ「オーギョーチィ」とドリンク類のみ!
サンドイッチなんて出てきません!

今日は寄らなかったけれど・・・ お写んぽ途中にフィルムカメラで。

20170722 愛玉子


夕暮れの空

お日様は雲の向こうで「かくれんぼ」

夕空がとてもきれいな日でした。

20170731 そらのいろ6


地震雲 〜 きっと大地震が来るぞ!

ここ数日間、インターネットという仮想空間(twitter)では
「これは地震雲です!きっと大地震が来ます!!!」
と相次ぐ報告が投稿されている。

私もリアルタイム検索をして覗いてみたけれど・・・

その中の殆んどがとてもきれいな雲の模様ですね〜って感じですね (笑)

「デマ」とか「流行」と言うのは、こうやって仮想空間から自然に作られていくのかなと
ちょっと感じた日でした。

と言いつつ
地震大国ニッポンですから、いつ地震が来てもおかしくないですし、
ニュースにならない小さな地震は毎日何度も発生している。
⇒2日深夜2:02、朝7:16にも茨城県で深度4ありましたが・・・


そんな空の報告があったので、私も「便乗」してみようかなと(笑)

きれいな空のキャンバスに描かれた夕方の雲のかたちです。

20170731 そらのいろ1


20170731 そらのいろ2


20170731 そらのいろ3


20170731 そらのいろ4


20170731 そらのいろ5


自由な女神 〜 上野公園

たまにはモノクロフィルムで撮った風景の写真を載せてみる。

デジカメで撮ってカラー画像をモノクロ化しただけの写真とはやっぱり違う。
モノクロフィルムならではの写真がある気がする。
すぐに結果が見れないので、カメラの露出メーターも見ながら考えて撮るし
やっぱりシャッター音、フィルムの巻き上げ音も撮っていて気持ちが良い。
何しろフィルム1本で36枚〜37枚しか撮れない。

ちなみに、レンズ1本にオレンジ色のフィルター(O56)を付けてぷらぷらとお写んぽ。
ちよっとコントラスト強めかな。

今回はミクロファインではなく、ND76 1:1 20℃で現像してみた。
結局はネガをスキャンしているからデジタル化しているけれど・・・ね。

上野公園で見かけた「自由な女神」
20170722 自由な女神〜上野公園

「御祭禮」

「御祭禮」

なかなか読めないですよね・・・
この漢字は何と読むんでしょうか!答えは・・・調べてもらうとして(笑)

今日は地区の子供神輿
暑い中、子供たちはワッショイ!ワッショイ!と頑張りました。

暑すぎて私も麦茶やジュース、スポーツドリンク、アイスやメロンも振舞われて頂きました。
途中で飲んだ麦茶は「甘い麦茶」
普段甘い麦茶は飲まないし、あまり好きではないけれど
何となく懐かしいおばあちゃんの味がした。

20170716 御祭禮



まんまるお月様

昨日も今日も、雲ひとつない夜空が広がっている。

暦上の満月は明日9日だけれど・・・

月齢14.5の、ほぼ「まんまるお月様」を見上げてきた。

明るいな、お月様も空も。

そらのいろ 23:10

20170708 月


やってまれ!やってまれ!

新谷隼平さんの地元、青森県五所川原市
青森三大佞武多の一つで 「五所川原立佞武多」 は毎年8月4日〜8月8日に行われるお祭り。

今年も浦和駅のエキナカにミニチュアサイズの「立佞武多」が飾られていた。

やってまれ やってまれ 叫べば心は空のよう ♪

本物は最大で20mを超える山車で、とても大きくて迫力あるんだろうな。

いつかカメラを持って行ってみたい・・・。

立佞武多-A


立佞武多-B


立佞武多-C



そして昨年、2016年から始まった五所川原のもうひとつお祭り!
「やってまれフェスティバル」

2017年10月8日(日)
「やってまれフェスティバル2017」が今年も開催されます !
出演:
新谷隼平 (五所川原)
岩船ひろき (埼玉)
横田悠二 (栃木)
小田和也 (東京 ※宮城出身)
中川正太朗 (秋田)
小山内創祐 (弘前)
藤原右裕 (東京 ※山梨出身)
もりきこ (神奈川)
@なおポップ (宮城 ※福島出身)
小関峻 (東京 ※宮城出身)
太田翔 (黒石)
エイイチロウ (青森)
仲島圭佑 (弘前)   13組のアーティストが出演!

そらのいろ

空がきれいに染まってきた

夕暮れの空を見上げる

今日から7月がスタート!

そらのいろ 19:03

20170701 そらのいろ




メキシコサラマンダー

「メキシコサラマンダー」
そう言うとちょっとカッコイイ!

「アホロートル」
そう言うとちょっと・・・「アホ」っていう響きが悪いかな。

「ウーパールーパー」
この名前を聞くと何となく馴染みがあるけれど、本当は通称名というか流通名。

20170624 ウーパールーパー

流行りの「サードウェーブ」で一人カフェ

東京深川は中小の町工場も残っていて、
一本路地を入れば東京の下町の風情もまだ残っている。
小さな頃から山車やお神輿も担いでいて、私の第二の故郷と言っても良い場所。

そんなこの界隈がちょっとしたコーヒーブームになっている。
最近良く耳にする 「サードウエーブコーヒー」

「サードウエーブ」
第三の波ってなんなの?って話ですけど・・・

「スタバ」や「タリーズ」、「エクセルシオール」などの
所謂「シアトル系」と呼ばれているお店が「セカンドウエーブ」らしい。

「サードウエーブ」は、
厳選した素材を店舗でローストして、その場で一杯ずつハンドドリップで淹れるというスタイル。
トレサビリティも取られているとか、こだわりのスペシャリティコーヒーの事らしい。
まっ、言ってしまえば、古き良き時代の店主が注文を受けてから淹れる「喫茶店」の事か???

PM5:00で終わってしまうお店が多いが何とか時間前に到着。
コーヒーを飲もうと思っていたのに、出た言葉は「cafemoca」 (笑)

終わる時間まで少しだけゆっくりと一人の珈琲タイム。
20170622 cafemoca

Profile
hota
空を見上げるのが大好きです。
「そらのいろ」
今でも撮り続けています。
最近はデジタルカメラを片手に路上ライブや休日の散歩を楽しんでいます。
MUSIQUA
weather report
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

月別アーカイブ