Spiritual voice

address resolution protocol みんなとつながっている世界のはずなのに、どこにいるか分らない・・・

音楽

今夜はこんな曲を聞きながら眠ろうか

わかかる人には分かる。
わからない人にはナンノコッチャ?
っていう暗号の様な曲。

今夜はこれを聞きながら眠ります。
また後日に!
昨日は JP Happy Birthday!


容疑者O メンバーY マスコミも芸能界も「忖度」で腐ってる

昨今、報道されている芸能ニュース。
数日前から見ていて、どの番組を見ていても何回見ても不自然としか言いようのない報道。

TOKIO 山口達也の「未成年への強制わいせつ事件」
時を同じくして報じられた
「本能寺の変」のダンスを踊るエグスプロ―ジョン おばらよしお「傷害容疑」
同じ芸能の仕事をしている人達のニュース。

おばらよしおの場合は「容疑者」
山口達也の場合は「容疑者」ではなく「メンバー」
後に被害届を取り下げて起訴猶予ということで「山口さん」
国民の殆どがニュースを見聞きしていて違和感のある報道だったと思う。

日本法上の法令用語では共に「被疑者」
犯罪の疑いをかけられた人。
しかし「被疑者」と「被害者」の言葉が似ているために、
マスコミの報道で使われている「容疑者」は、本当はマスコミが作った造語。
というプチ雑学情報はどうでも良いですが・・・

どのテレビを見ても「メンバー」「メンバー」と・・・
過去にもジャニーズタレントさんで騒動を起こした人が何人もいましたが(笑)
みんな確かに「メンバー」でしたね。

きっとジャニーズ事務所が「容疑者」という言葉を使うな!
と過去の騒動含めてマスコミに「箝口令を敷いた」のだろう。
ということは容易に想像出来る。

放送業界、各メディアを含めた芸能界は「ジャニーズ事務所が支配している」「大きな影響力を持っている」という事も想像がつく。
「吉本興業」も業界内では影響を持っていると思うのだが、所属タレントさんは「容疑者」と呼ばれた。

長谷川豊氏のTwitterには興味深い事が書いてあった・・・。
ジャニーズ事務所から圧力かけられたんです。
他の番組のメンバーも全員降ろすぞって。フジ出さないぞって。
「容疑者」はイメージ悪いからって。
で、局の上層部が震え上がって「メンバー」って言えって強要されたんです。
ニュース読みながら、恥ずかしくて情けなくて…。


森友・加計問題でマスコミ各社は「忖度だ」「忖度だ」と何度も繰り返し報道していたが、
自分たちがジャニーズ事務所に「メンバー」と「忖度」してどうする???
メディアも芸能界もみんな揃って腐ってると思うのだが・・・どうだろうか。

それにしても、今日のTOKIOメンバー4人の記者会見はリアルタイムでは見ていなく、総集編的な夜のニュース番組しか見ていないのだが・・・
事務所からこれは言うな、これは言えと発言を制限されていた部分もあると思うが、
4人の記者会見での発言は本音の部分が見れたと思う。
いつも画面ではニコニコしているリーダー城島が、見た事の無いような少しこわばった顔でひたすらに説明していた姿。
あまり多くは語らなかった長瀬。
会見の所々に厳しいながらも彼の優しさを垣間見た国分。
そして特に涙を見せながら会見をしていた松岡。
ずっと一緒にやってきた山口を厳しい言葉でバサッと切り捨てた特に松岡の会見。
あくまで自分の意見としながらも「TOKIOに戻りたい」と言った山口の言葉に、
「その甘えの根源が僕らTOKIOだったとしたら、そんなTOKIOは一日も早く無くした方が良い」
とまで言った会見。
(元)メンバーとはいえ、5歳も年上の山口に向かって「メンバーに預けた退職願はずるい」「あなたは病気です」とまで言った彼の言葉の中に、自身のプロフェッショナルな精神を見た気がした。
あの涙はきっと松岡が山口を慕っていたココロの現れだったのだろう。

ジャニーズの殆どのグループが大人数で踊りながらみんなで同じ歌を歌うのに対して
TOKIOは少し異色なバンドスタイル。
そして色んな事にも挑戦する芸達者な彼らが私は好きだった。
そんな彼らの記者会見を見て、私的には好感度も上がったのだが・・・
バンド活動は長瀬が言った「TOKIOの楽曲は彼の演奏する音がないと全く形にならない」と「白紙」になってしまったのがとても残念だ。

岡田有希子 〜 佳桜忌 2018

1986年4月8日 12:15
18歳という若さで亡くなった一人の女の子がいた。

岡田有希子さん (本名:佐藤佳代さん)

その当時のトップアイドルを走ってきた彼女。
1984年の新人賞を総なめにし、1985年にも賞を受賞してきた実力の持ち主。

私が高校3年生になったばかりの4月8日、そんな彼女が亡くなった。
あれから32年、彼女の33回忌の日。

今年が一つの区切りの年。
きっとこの場所に来るのは最後になるだろう。
そんな思いで、新宿駅から四ツ谷四丁目交差点へと歩いた。
私が到着した12時すこし前には既に多くの人が彼女を囲むように集まっていた。
私も彼女に手を合わせた。

そして・・・12:15を迎えた。
数えきれない程の花束と写真や絵やポスター、
そして当時まだ少年・少女だった多くのファン、当時を知らない若い世代のファン、
本当に多くの人々に囲まれていた。
そして皆で有希子の側に寄り添って一分間の黙祷を捧げた。

代表の方々はこの花束を全て名古屋の彼女が眠る「成満寺」へ運んでくれた。
この大木戸ビル前で集まり、黙祷を捧げ、そして花束を運ぶ事も含めて
今年の33回忌をもって一つの区切りにするという事は、
毎年集まっているファンにとっても苦渋の決断だったと思う。

毎年この命日の「佳桜忌」に、四ツ谷から成満寺までみんなの思いの花束を届けて頂けた事、本当に有難う御座いました。

そして岡田有希子(佐藤佳代)さん
これからもユッコのウタゴエはずっと私の心で響いていきます。
安らかにお眠りください。ありがとう。
20180408 岡田有希子_佳桜忌1


20180408 岡田有希子_佳桜忌2


20180408 岡田有希子_佳桜忌3


20180408 岡田有希子_佳桜忌4


20180408 岡田有希子_佳桜忌5


20180408 岡田有希子_佳桜忌6


大木戸ビルの空は雲ひとつなく晴れ渡っていました。
20180408 大木戸ビル


20180408 大木戸ビル2


悲しいお知らせ・・・Tizzy Bac 哲毓さんが

在今天中午,天氣清朗的自由日,哲毓在家人朋友的陪伴下,平靜地前往天堂旅行了,請大家記得他在舞台上的光采,對音樂的熱情,並且也為他的家人祝福與禱告。如果你想念他的時候,請打開任何一首這個世界很棒的音樂,你就可以和哲毓再次相遇。

「那美好的仗你已經打過了,當跑的路你已經跑盡了,該守住的美好你也已經守住了」,在音樂的天堂裡,哲毓,永遠年輕。


帰りの電車の中でこの発表を見た。
私は中国語は全く良くわからないが、言葉の雰囲気から彼がきっと亡くなったんだなと想像出来た。

昨年12月にTizzy Bacのベーシスト 哲毓さんが癌であることを公表した。
しかしその前後にはTizzy Bacとして「暴風」そして「The River (in the Holiday Season)」も新曲として発表されたので私も喜んでいた。

Tizzy Bacは台湾のスリーピースピアノロックバンド
日本でもサマソニに出演するなど実力の持ち主。
今までJ-POPしか聞かなかった私が、初めて海外のアーティスト、それも英語圏の音楽ではなく、中国語圏の音楽を聞くきっかけになったのもこのTizzy Bacの音楽に出会ったからと言っても良い。

またいつか日本でもライブを行って欲しい、その時は必ず見に行く!と思っていた。
哲毓さんがいるTizzy Bacを見る事は出来なくなってしまったけれど、これからもずっと聞いていきたい。

哲毓さんありがとう。おやすみなさい。
そしてきっとこれからも天国でベースを弾いていることでしょう。



Tizzy Bac 「The River (in the Holiday Season)」

所有的愛還在
May you feel the peace all around
In this lovely wintertime
All the tears will be gone
I love you more than I've ever known

本日はクリスマスイヴ 「25回目のプレゼント」

「25回目のプレゼント」 岩船ひろき

この世界は悪意と絶望で出来ている

金曜の夜から最高で39℃近い熱が土日と続いた。
咳や声や鼻の症状は無く、ただ熱が出るだけ。
インフルエンザ?とも思ったが、何か少し雰囲気が違う。
まるで小さい子供の様だ。
原因が定かではないがとりあえず寝ていた。

金土日と聞きたいワンマンか続いたが行けず・・・行かず。
自分のココロという殻の中にずっと何かを閉じ込めている。

帰り道、エソラに寄った。
予約はしていなかった。
きっとここならばあるのでは・・・そんな予感がした。

2017年11月29日(水)全国リリース
新谷隼平 3rd mini album 全5曲
『この世界は悪意と絶望で出来ている』

発売前日にフラゲしたが・・・実はまだ聞いていない。
明日の発売日に合わせて聞く事にする。

20171129 新谷隼平 - この世界は悪意と絶望で出来ている

リリースおめでとう!!!

追伸
聴いた。何度も聴いている。
このミニアルバムは斬新だ!
今までに無いヴォーカリスト「新谷隼平」が詰まっている。
隼平の音楽は今まで鍵盤、ギター、バイオリンなど、
どちらかと言うと実際の楽器を演奏した曲作りをしていたけれど
今回は"打ち込み"が沢山使われている!
ドラム、ベース、効果音的な音など今までには無かった要素が加わっている。
人によっては、これは隼平じゃない!と思うかもしれない。
私は初めてCDをプレイして「プロローグ」の前奏が始まった瞬間に
「おっ!」と思った。
それは良い意味で変化したなと思った。
このCDは「聴けば聴くほど味が出る」そんな気がした。
耳を澄ませて色んな音を探すと更に楽しいかもしれない。

目を閉じて聴くとバンドステージの光景が目に浮かぶ。
隼平の後ろにはドラムセット。
ステージには鍵盤、ギター、ベースも
そして秋久ともみさんのバイオリン、コーラス隊もいる。
そんなステージも見てみたい。

Tizzy Bac 「暴風 」

私が大好きな台湾のピアノロック3ピースバンド
「Tizzy Bac」

日本では2013年のサマソニにTizzy Bacが出演していたり
陳惠婷 the Huiting として今年2017年のサマソニにもソロシンガーとして出演している。

Tizzy Bacはこの数年間活動を休止していた。
が・・・突然の新曲発表!
ちょっとビックリしたが、とても嬉しい!!!
私も日本からTizzy Bac、そして陳惠婷 the Huitingを応援しています!

また日本でもライブして欲しいな。
私はまだライブを見た事ないので・・・いつか見てみたい!
台湾にも遊びに行きたい!


新谷隼平 「mint」

当初 2017年11月15日(水)に発売予定だったけれど
ちょっとだけ発売を遅らせた新しいMini Album

2017年11月29日(水) 全国リリース決定!!!
新谷隼平 3rd mini album 『この世界は悪意と絶望で出来ている』
1 プロローグ
2 この世界は悪意と絶望で出来ている
3 無になる
4 ハローハロー
5 mint

このMini Albumから「mint」が公開された。
4分57秒 ノーカットMV
スタンドマイクとまさかの上半身(というより顔の)アップ
"ヴォーカリスト" 新谷隼平と鍵盤の伴奏だけで構成された曲


リリースまであと10日!!!

そして!!
2017年11月25日(土) 東京都文京区本郷 法真寺にて
新谷隼平3rd mini albumリリース記念ワンマンライブ
『世界を変えられないこの歌を』
OPEN 17:30 START18:00〜 も開催される。

更に!!!
ホームページもリニューアルされました。
パソコンから見るとタブをクリックするとヘッダーの部分の写真が変わりますね。

CDまだ予約していないや・・・
今回はどこでも良いらしいからどこでしようかな?

「この世界は悪意と絶望で出来ている」

新谷隼平さんの新しいアルバムのタイトル、そして収録曲がついに発表された。

「この世界は悪意と絶望で出来ている」

2017.11.15(水)全国発売! ⇒ 2017.11.29(水)へ変更!
収録曲:
1. プロローグ
2. この世界は悪意と絶望で出来ている
3. 無になる
4. ハローハロー
5. mint

今回のアルバムは、
「ヴォーカリスト新谷隼平」として
今までのアルバムとは違う何かを聞かせてくれる事に期待!

そして今週末10/8(日)は青森県五所川原市
五所川原駅前のトカトントンスクエアで「やってまれフェスティバル」が開催される!
関東から応援に行くという声も聞こえている。
片道約700Km 高速道路で約8時間、一般道で14時間
車中泊3日間の行程、朝から営業している温泉も見つけたぞ!
なんて検索と妄想してみたけれど・・・
色んな事情もあって関東の空からココロだけ参加・・・です。

小関峻 〜 『明日は見えなくても』

小関峻ワンマンライブ2017 『明日は見えなくても』
2017.07.22(土) 恵比寿天窓.switchにて

本日 現在開催中!
今頃ワンマンで歌っているのかな・・・。

岡田有希子 〜 佳桜忌 2017

2017年4月8日(土)
昨晩からの雨は朝になっても降ったり止んだりの天気だった。
少し早めに出て髪を切りに行った。

雨は上がった。
そしてそのまま電車に乗り新宿駅へ。
少し散歩をしつつ、四ツ谷四丁目の交差点を目指した。

今日が岡田有希子さんの31年目の命日
「佳桜忌」
土曜日と重なった事もあり、私を含めて本当に多くのファンの人達がお花を持って集まっていた。
今でもみんなに愛されているのを改めて感じた。

そして 12:15
彼女が亡くなった時刻
みんなの輪がギュッと有希子の近くに寄り、代表の方の合図と共に黙祷を捧げた。

来年の命日で32年目、33回忌になる。
代表の方のお話では、命日にこうしてみんなで集まる事も来年を一つの区切りにしていかなければならない。
それをみんなで考えていかなければならない。
という内容の言葉を話されていた。

私は昨年30年目の節目で初めてこの場所を訪れた。
そして今年31年目に初めて12:15の黙祷に参加した。
来年の4月8日は日曜日。
33回忌の節目を最後にして、またこの場所に来れたらいいなと思っている。

岡田有希子(佐藤佳代)さん おやすみなさい。
20170408 岡田有希子_佳桜忌1


20170408 岡田有希子_佳桜忌2

「消しゴムと鉛筆」 〜 小関 峻

小関 峻さんの新曲
消しゴムと鉛筆」が公開された。

本人も言っているけれど、確かに「小関節全開!」

初めて聞いたけれど、この曲のメロディも歌詞もわかりやすい。
歌詞を読むと、かなり長いけれど
一回聞いただけでも曲の全体のイメージが伝わってくる。
なかなかイイ曲だな。
12月16日から"ライブハウス限定"で販売だそうです。



あっ、そうそう。
峻くんの「傷跡」PVの撮影場所
今まで気にしないで見ていたんだけれど・・・
良く見たらメチャメチャ知ってる場所だった(笑)

最近巷で話題の「spotify」を登録してみた。

ちょっと前から巷で話題になっていた「Spotify」を登録してみた。
無料/有料の音楽配信サイト。

みんなはこういう「音楽配信サイト」は何を使っているのかな?
SoundCloud」には以前から岩船ひろきさんも登録していて、CD化されていないあの曲もUpされていたりする。

他にも色んな音楽サイトがあるけれど、インディーズ/メジャー問わずにデモ音源や宣伝用ショートVerの音源が登録されているのならば何となく分かるのだが、既にCDリリース化されている楽曲をお金を払わずに無料で聞けてしまうというのは・・・
どうも私には理解できない所がある。

youtubeの動画で見るMV音源や、配信音源の音質で十分という時代になっているんだろうな。
(確かにそこそこ聞けるし・・・)
時代が変わったということだろうか。

と言いつつ(笑)
Spotifyを登録して時々聞いている。

会社の行き帰りなど外で聞いていたら、きっと「パケット量爆死」しそうなので家に帰ってからWi-Fiで接続。
無料版の登録なので、曲間に広告が時々流れたりする。
スマホだと時間無制限だけどアルバムは曲順がシャッフルプレイだったり、
パソコンだと曲順はそのまま再生出来るけれど時間制限があったりする。
有料登録すれば色々と解除出来たり、曲をDL出来たりするけれど、私はそこまでヘビーユーザーではないかな。

私の好きな「J-POP」のアーティストはまだ少ないのかな?という感じもするけれど、若い頃に聞いていたちょっと懐かしいアーティストさんの楽曲やアルバムもあったりして聞いている。
あと、日本のCDショップに行っても殆ど扱っていない台湾や中国のアーティストさんの楽曲、「C-POP」も聞けるのが良いね。
先日blogにも書いた、楊丞琳(レイニー・ヤン)の「年輪說」(2016.09)のアルバムや以前のアルバムも聞ける。

そんなSpotifyですが・・・先日検索した時には無かったのですが、
先程検索したら、なんと!!!!!!

笑うハシグチカナデリヤ

笑うハシグチカナデリヤ

が登録されています!!!!
アルバムリリースは2016.08なのに聞けちゃうんだね。

そして!来年2017.01.18には、3rdアルバム「超ハシグチカナデリヤ」もリリースされるね!
2月には渋谷CLUB QUATTROでワンマン!すごっ!

ハッサンの「アンコールは永遠に」を聞きながら体を揺らしながら・・・これ書いてます(笑)
ではでは。

「ほほえみ」

♪ 雨が強くなればなるほどあなたに逢えたあの日
強がった心はあなたがそっと優しさに変えた

あなたはいつもほほえむ人だから今日の別れを感じないんだ
明日はきっと晴れてしまうけれどこの雨はずっとほほえむよ

土曜日の雨が僕らの心を包んでくれたような・・・・ ♪

新谷隼平さんの2nd mini album 「ことなかれ」
このCD予約特典の未発表音源CD-R

「ほほえみ」

このCDが突如として聞けなくなった。
ドライブが何度もキュルキュルと回転している・・・。

心が少し落ちている そんな雨の土曜日。
Profile
hota
空を見上げるのが大好きです。
「そらのいろ」
今でも撮り続けています。
最近はデジタルカメラを片手に路上ライブや休日の散歩を楽しんでいます。
MUSIQUA
weather report
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

月別アーカイブ