Spiritual voice

address resolution protocol みんなとつながっている世界のはずなのに、どこにいるか分らない・・・

新谷隼平

6/8 新谷隼平 池袋路上ライブ 〜 東口からIWGPへ

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
2018年6月8日(金)
新谷隼平さん 池袋告知路上ライブの続き

東口から地下道のウイロードを抜けて西口に逆戻り。
しかし西口の駅前は通過して南口へ。
というのがいつものパターンと思い南口に向かったが隼平くんは居ない・・・見失った。
と思ったら、IWGP ウエストゲートパークこと池袋西口公園に居た。

この西口公園は既に再開発の工事が始まっていて、2019年秋には日本初の「劇場公園」
言ってしまえば「野外イベント広場」として整備される様だ。

小さな池と噴水があった場所は塀で仕切られていた。
機材を準備してスタートする。
池袋西口公園 では
・ずっと君を (T-BOLANカバー)
・mint
・紐
・手紙
・世情 (中島みゆきカバー)
・プロローグ
・この世界は悪意と絶望で出来ている
・春が世界を咲かせても
・ささやかな約束
・世界が終るまでは (WANDSカバー)
・ハローハロー

この付近のお店は、ちょっとした外国の雰囲気を持つ洒落たお店が多い。
まるで海外で路上ライブを行っている様な景色だ。
20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-13


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-14


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-15


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-16


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-17


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-18


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-19


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-20


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-21


対面の柵に腰をかけて聞いていたら、これから東北方面に帰るという男の人と少し話した。
その会社の社長さん(専務さんだったかな?)は五所川原出身だと言っていた。
なかなか良いね! 彼(隼平くん)は最高の酒のつまみだわと隼平くんを褒めていた。
路上ライブをやる奴らは肝が据わっているんだ、なかなかこんな事出来ないよ。
そんな事を話していた。
私は隼平くんのチラシを一枚手渡した。
「本当は折りたくないけれど、ゴメン折るね」と言ってカバンにチラシを入れていた。
帰りのバスの中や戻った先でチラシ見てくれていたら良いな。
深夜バスに揺られていくのでビールを購入していた。
これから10時間ずっと吸えないからと、たばこを一本吸ってからバス停に移動して行った。

そんなちょっとした出会いだったけれど、路上ライブは時々遭遇するヨッパライの襲来だけでなく、本当に小さなコミュニティというか、色んな人が集う場所の様な気がする。

20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-22


「春が世界を咲かせても」私の中ではかなりのヒットソング
最新曲の「Oblivion」もすこしアップテンポな曲で好きだけれど
私的には「春が・・・」の方が好きだな。

20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-23


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-24


本当はあと何曲か歌うはずだったけれど、また大粒の雨が降ってきた。
ラストの曲は「ハロー ハロー」
歌っている途中で鍵盤にも大粒の雨が。
テツさんが隼平くんに傘を差して歌い切った。

20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-25


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-26


さて、撤収!片付け!
と同時に・・・傘を持っていない私ともう一人(笑)は軒下に移動。
片付け手伝わなくてゴメン。

ライブ配信をずっと聞いてくれていた人が初めて路上に駆けつけてくれて、
CDを手にして帰って行った。

やはり雨の路上は新しい出会いがあるんだな。

6月23日(土)国分寺GiveHearts
『やってまれフェスティバル2018-東京編-』
OPEN 17:30 START 18:00〜
出演:新谷隼平 / 横田悠二 / JUNNY(もりきこ) / 小関峻 / ツカダコージ / サポニン / 五所川原甚句保存会(津軽三味線)
そして
あげたい (全員にプレゼント)
りんごビール
赤〜いりんごワイン (10杯限定)
赤〜いりんごジュース
りんごチップス
立佞武多りんごジュース
貝焼き味噌 (10食限定) の出店もあるそうです。

6/8 新谷隼平 池袋路上ライブ 〜 西口から東口へ

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
2018年6月8日(金)
新谷隼平さんが池袋で20:00から「告知路上ライブ」を行うという。

最近は「ゲリラ路上ライブ」で場所も時間も告知無し。
ゼロからの新しい出会いを求めて路上ライブを行っている。
しかも22:00頃〜0:00頃までと遅い時間。

今日は事前に告知されていたライブ、しかし・・・予想外の雨模様。
私はカメラは持っていても傘は持っていなかった・・・。

雨という事で小さな軒がある西口からスタート。
この西口は駅前も待ち合わせの人が多い。
そして多少の雨除けもあるのでその下で段ボールを敷いて寝る人も多い・・・。
その寝床を作っている人達の横でスタートとなった。
20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-1


一曲目 DEENカバー「このまま君だけを奪い去りたい」を歌っている途中ですぐにPスト。
しかも若いPさんはまだ池袋慣れしていないのか、ちゃんと職務を遂行して怒っていた。
20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-2


機材の片付けはゆっくりの隼平くんだが(笑)、移動の足は誰よりも速い。
地下街では振り返らずに真っ先にグイグイと歩いて行く。
20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-3



そして東口。雨は上がっていた。
いつもの場所は先客が入っていて違う場所へ移動するが、同じ様に各場所には何組か待機していた。
そしてある場所で止まった。
この場所は・・・「イワク付き」のあの場所・・・また何か起こりそうな予感。

機材を準備してスタートする。
・このまま君だけを奪い去りたい (DEENカバー)
・ことなかれ
・ありふれたころ
・道なき道
・真ん中

20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-4


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-5


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-6


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-7


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-8


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-9


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-10


やはり「イワク付き」のこの場所では、あれが起こるべくして起こった。
酔っぱらいのおっちゃん、路上ライブでは付き物のようなモノだけど・・・
自分の足と靴に缶のウイスキー水割りをドバドバこぼしてもほぼ無反応のヨッパライ。
歌っているのに話しかけてきたり、周りで聞いている人に話しかけたり、その場で芸をするオッサンもいる。
今日は、歌っていた隼平くんがオッサンを見て笑ってしまった・・・負けた(笑)
と同時にPさん登場でPスト。
隣の車でメロンを2個500円と大きく書いて売っていたあの移動販売の人もPさん来たら車に幌をかけて移動していった。
実際には2個で500円では売っていない手口は知っているが(笑)

そんな酔っ払いのオッサンがPさんに若干絡んで文句言っている・・・
やはり「イワク付き」のこの場所で数年前のあの出来事が再来か!!!
と思われたが、Pさんは大人の対応で大事には至らず。

という事で・・・機材を片付けた。
20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-11


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-12


つづく









新谷隼平ワンマンライブ『All in all is all we all are』に行ってきました

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
暗黒チルドレンの決起集会に行ってきました!(笑)

2018年 5月7 日(月)
新谷隼平One Man Live 『All in all is all we all are』
場所は国分寺GiveHeartsにて
出演:新谷隼平
サポートメンバー:Gt&Cho JUNNY(from もりきこ)、Vn 秋久ともみ

本日は新谷隼平くんのワンマンライブ!そしてバースデー!
ライブスタートは19:30〜

ですが・・・

私は17:30過ぎからお客さんと打ち合わせ・・・
外はかなりの大雨。
国分寺GiveHeartsまでは仕事場から最短で1時間半
と・・・確実に間に合わない状況。
まさに「絶望」

何とか打ち合わせも終わってダッシュで向かったが、新宿から乗った快速では押し潰されていた。
こんな電車で毎日通勤したくないと思いながら、何とか国分寺に到着した。
事前に調べていたので駅からの道は迷わなかった。

新谷隼平くんのライブ、前回行ったのは2017年8月『絶望と希望の夏』
11月の『世界を変えられないこの歌を』 文京区のお寺ライブはぶっ倒れてて行かず。
約9か月間も隼平箱ライブは行ってなかった。

本日のセットリスト
〜OPENING SE〜All Apologies(NIRVANA)
1.mint
2.Suicide Happy
3.無になる
4.季節はずれ
5.この世界は悪意と絶望で出来ている
6.紫陽花
7.あの歌を聞いて
8.やってまれ
9.ささやかな約束
10.春が世界を咲かせても(新曲)
11.一人芝居
12.孤独を愛するモノたち
13.人間
14.ことなかれ
15.ありふれたころ
16.真ん中
17.プロローグ
18.つなぐうた
〜アンコール〜
EN1.ここで歌うよ
EN2.ハローハロー

私が国分寺GiveHeartsに到着した時には当然ライブは始まっていて「季節はずれ」を歌っていた。
私は一番後ろの席に座った。

隼平ワンマンライブでは、すっかり定着したサポートメンバー
ともみさんのバイオリン、そしてJUNNYさんのギターがとても心地よい。
この二つの楽器、そして隼平ヴォーカルだけというシンプルさ。
しかしライブは一つひとつの音もごまかしは出来ない。
私はリズムに合わせて手拍子して一緒に歌ってとても楽しかった。

今回のタイトルは『All in all is all we all are』
このタイトルはOPENING SEで流れていただろう隼平くんの好きなNIRVANA「All Apologies」の歌詞にも関係しているという事を何人気付いていただろうか。
本当は「戦争反対」というタイトルも考えていたとか(笑)

「あの歌を聞いて」良かったな。
初めて聞いた新曲「春が世界を咲かせても」歌詞もメロディも良い曲だ。
ライブを見て、隼平くんの今進みたい道が見えている気がした。

ライブ終了後にはみんなで隼平くんのバースディを祝った。
ファン有志から花束とケーキとメッセージカード、そしてハッピーバースデーの歌のプレゼントを贈った。
29歳おめでとう!

来月6月23日(土)には同じ国分寺GiveHeartsで
『やってまれフェスティバル2018-東京編-』も開催される。
青森県五所川原からもチームやってまれのメンバーも駆けつけるそうです!

20180507 新谷隼平-1


20180507 新谷隼平-2


20180507 新谷隼平-3


20180507 新谷隼平-4


新谷隼平 大リクエスト大会

ネット放送で新谷隼平さんのリクエスト大会が開催された。
全曲、リクエストが届いた順にライブ放送で弾き語りを行うというもの。
20:40頃から開始されたこの放送、既に3時間30分以上、実は今も続いている。
4時間の打ち切りまで続けるそうだ。

本日のリクエスト大会 セットリスト
1.薫
2.紫陽花
3.ココロアメ
4.たそがれ傘
5.景色に恋をする
6.つなぐうた
7.素敵なこと
8.最愛
9.流星
10.mint
11.世界中の誰よりきっと (WANDSカバー)
12.ブラックコーヒー

13.孤独を愛するモノたち
14.ハローハロー
15.真ん中
16.猫のように
17.ほほえみ
18.一人芝居
19.風の音
20.人間

21.紐
22.東京
23.28歳この街で
24.世界が終るまでは (WANDSカバー)
25.ソーダ水
26.水を抱く人
27.ここで歌うよ
28.ことなかれ
29.やってまれ

30.季節はずれ
31.無になる
32.輝ける人生

久しぶりに聞けた曲、今ではあまり聞けなくなってしまった曲、新しい曲、カバー曲も。
CD音源には無い、深いコアなファンでないとリクエスト出来ない曲も。
ワンマンライブというより、曲数はワンマンの2倍は歌っている。

新谷隼平くんの路上ライブで鍛えてきた精神力、その声、
そしてみんなの期待に応えたいという優しい気持ち。
凄すぎです!ありがとう!
GWの五所川原ライブ、そして連休明けのワンマンもあるから喉も休めてね。

2018年 5月 7日(月)
新谷隼平One Man Live
『All in all is all we all are』
国分寺GiveHeartsにて
OPEN 19:00 START19:30〜
チケット予約受け付け中!

20180420 新谷隼平A

4/20 新谷隼平 池袋路上ライブ 〜 西口にて

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
新谷隼平さんの後ろを歩き、東口から西口に移動した。

西口は歌っている人がキレイに居なくていつもの場所へ。
きっと少し前にPストでみんな移動したのだろう。
きっと東から西へ、西から東へですが・・・
それだけ最近の池袋は混んでいるという事だろうか。

西口でのセットリスト
・プロローグ
・この世界は悪意と絶望で出来ている
・ことなかれ
Pスト
・つなぐうた

隼平くんは、5月連休明けのワンマンライブが近いけれど、
特に「ワンマンです来てください!チケット買ってください!CD買ってください!」と
新宿や池袋でも見かける少しアイドルっぽい女性アーティストとは対照的に、
特にグイグイと前面に強く押し出す訳でもなく、集まってくれたファン、目の前に立ち止まってくれた人達、そして池袋の街に向けてウタゴエが響いていた。

殺伐とした池袋の路上で「プロローグ」が響いた。
この曲で立ち止まっていた人も多くいた。

今日が28歳最後の路上ライブになるだろうと言っていた。
ワンマンの集客数とかCD売り上げ数か月で1000枚を目標!とか
人はそれぞれ色んな活動の目標があったりするだろうけど
隼平くんは「自分のやりたい方向性が見えた」そんな事を話していた。

きっと今日の路上ライブはPストも含めて思う様な結果が出なかったかもしれない。
私はそんな気がする。

でもこの池袋で新谷隼平くんにまた会えて、ウタゴエを聞けた事、
そしてこの路上ライブに集まる仲間達にもまた会えた事が私は嬉しかった。

ラストの一曲はアンプもマイクも無く、鍵盤とウタゴエだけ。
みんなで近くに寄って「つなぐうた」を聞いた。

ありがとう。

2018年 5月 7日(月)
新谷隼平One Man Live
『All in all is all we all are』
国分寺GiveHeartsにて
OPEN 19:00 START19:30〜

チケット予約も受け付け中です!

20180420 新谷隼平-西口1


20180420 新谷隼平-西口4



20180420 新谷隼平-西口2


20180420 新谷隼平-西口5


20180420 新谷隼平-西口3


20180420 新谷隼平-西口6


20180420 新谷隼平-西口7


20180420 新谷隼平-西口8
20180420 新谷隼平-西口9

4/20 新谷隼平 池袋路上ライブ 〜 東口にて

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
最近は池袋駅前で行われている路上ライブはかなりの激戦区になっている。
西口も、東口も。
特に週末の金曜日は特に混んでいる。

そんな4月20日(金)に
新谷隼平さんが池袋路上ライブを行うと予告していた。
時間は20:00から。

しかし、いつもの東口の場所、そして西口も先客アリで少し待機。
開始早々巡回でPストだったらしい。
場所を移動し、結局20:50頃からのスタートとなった。

東口でのセットリスト
・このまま君だけを奪い去りたい / DEEN
Pスト〜移動
・世情 / 中島みゆき
・季節はずれ
・世界が終わるまでは / WANDS
・やってまれ
Pスト〜西口へ

私はパチリパチリしながら前後左右と移動しつつ聞いていた。
壁際で聞いていたら、まだ若いカップルが「おっ! WANDSじゃん!」と言っていた。
きっとリアルタイムで聞いていた世代ではない若い人だったけれど、
良い歌は世代も関係なく、いつまで経っても褪せる事がないんだなと感じた。

途中で隼平くんの出身地 青森県の方々が立ち止まって聞いていた。
青森の「ねぶた祭り」掛け声は「らっせーら らっせーら」だよね?
いや違うんです、
五所川原の「立佞武多(たちねぷた)」は「やってまーれ やってまーれ」なんです。
と話していた。
そんな会話をしつつ・・・「やってまれ」を歌った。
同じ青森県内でも「ねぶた」と「ねぷた」、掛け声も違うんだよね。

青森の人達が去った後、また巡回でPストで中断。
時々片付けろ!と注意だけしてすぐに次の現場にそのまま歩いて行く人も居るけれど、
今日のお巡りさんは身分証の提示とか始末書とかの書類を手順に従って処理しつつ・・・
機材を全て片付けるまでその場を離れずに立ち止まって見ているんだよね。
何分も。
きっとお巡りさんも仕事中の息抜きの時間なのねと思いつつ・・・撤退、移動です!

20180420 新谷隼平1


20180420 新谷隼平2


20180420 新谷隼平3


20180420 新谷隼平4


20180420 新谷隼平5


20180420 新谷隼平6


20180420 新谷隼平7


20180420 新谷隼平8


20180420 新谷隼平9


20180420 新谷隼平10


20180420 新谷隼平11

3/30 新谷隼平 池袋路上ライブ

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
新谷隼平さんの池袋路上ライブに寄ってみた。

きっともう終わっているだろう。
そんな時間。

いつも混雑している池袋駅、週末は更に人が増える。
スマホを見ながらゆっくり歩く人にイライラしながら階段を上がる。

ウタゴエか聞こえてきた。
本日最後の曲は「つなぐうた」
その途中から1曲、いや半分だけ聞いた。

私は少し遠めに通路を挟んで壁際から聞く。
少しだけ聞けただけでいいんだ。
会えただけでいいんだ。

20180330 新谷隼平1


20180330 新谷隼平2

1/16 新谷隼平 ゲリラ路上ライブ

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
今年に入ってから、担当している機種の量産が急遽決まってバタバタと仕事が動き出した。
少し残業をした。仕事が終わって電車に揺られる。
今日は珍しく打ち合わせに行ってきたのでスーツにネクタイ姿。
流石にコートでは腕まくりは出来ないな・・・

新谷隼平さんの路上ライブが急に始まった。
と同時にストリーミング配信も始まる。
場所も時間もSNSなどでの事前の告知は一切無い。
突如として何処かで路上ライブを行う「ゲリラ路上」だ。

まだ自分を知らない誰かに聞いて欲しい、CDを届けたい
自分の歌を必要とする誰かに出会える様にという想いで
告知を行わない「ゲリラ路上ライブ」を行っている。

私は雑踏の音を頼りに多分ここかな?と、ある駅で降りてみた。

まだ出会っていない誰かと出会うために歌っている隼平くん。
邪魔しない様にとそっと遠くから・・・
20180116 新谷隼平ゲリラライブ

まだまだこれから冬本番で寒い日も続くから、風邪に注意と喉のケアも忘れずに路上を続けて下さい。

この世界は悪意と絶望で出来ている

金曜の夜から最高で39℃近い熱が土日と続いた。
咳や声や鼻の症状は無く、ただ熱が出るだけ。
インフルエンザ?とも思ったが、何か少し雰囲気が違う。
まるで小さい子供の様だ。
原因が定かではないがとりあえず寝ていた。

金土日と聞きたいワンマンか続いたが行けず・・・行かず。
自分のココロという殻の中にずっと何かを閉じ込めている。

帰り道、エソラに寄った。
予約はしていなかった。
きっとここならばあるのでは・・・そんな予感がした。

2017年11月29日(水)全国リリース
新谷隼平 3rd mini album 全5曲
『この世界は悪意と絶望で出来ている』

発売前日にフラゲしたが・・・実はまだ聞いていない。
明日の発売日に合わせて聞く事にする。

20171129 新谷隼平 - この世界は悪意と絶望で出来ている

リリースおめでとう!!!

追伸
聴いた。何度も聴いている。
このミニアルバムは斬新だ!
今までに無いヴォーカリスト「新谷隼平」が詰まっている。
隼平の音楽は今まで鍵盤、ギター、バイオリンなど、
どちらかと言うと実際の楽器を演奏した曲作りをしていたけれど
今回は"打ち込み"が沢山使われている!
ドラム、ベース、効果音的な音など今までには無かった要素が加わっている。
人によっては、これは隼平じゃない!と思うかもしれない。
私は初めてCDをプレイして「プロローグ」の前奏が始まった瞬間に
「おっ!」と思った。
それは良い意味で変化したなと思った。
このCDは「聴けば聴くほど味が出る」そんな気がした。
耳を澄ませて色んな音を探すと更に楽しいかもしれない。

目を閉じて聴くとバンドステージの光景が目に浮かぶ。
隼平の後ろにはドラムセット。
ステージには鍵盤、ギター、ベースも
そして秋久ともみさんのバイオリン、コーラス隊もいる。
そんなステージも見てみたい。

新谷隼平 「mint」

当初 2017年11月15日(水)に発売予定だったけれど
ちょっとだけ発売を遅らせた新しいMini Album

2017年11月29日(水) 全国リリース決定!!!
新谷隼平 3rd mini album 『この世界は悪意と絶望で出来ている』
1 プロローグ
2 この世界は悪意と絶望で出来ている
3 無になる
4 ハローハロー
5 mint

このMini Albumから「mint」が公開された。
4分57秒 ノーカットMV
スタンドマイクとまさかの上半身(というより顔の)アップ
"ヴォーカリスト" 新谷隼平と鍵盤の伴奏だけで構成された曲


リリースまであと10日!!!

そして!!
2017年11月25日(土) 東京都文京区本郷 法真寺にて
新谷隼平3rd mini albumリリース記念ワンマンライブ
『世界を変えられないこの歌を』
OPEN 17:30 START18:00〜 も開催される。

更に!!!
ホームページもリニューアルされました。
パソコンから見るとタブをクリックするとヘッダーの部分の写真が変わりますね。

CDまだ予約していないや・・・
今回はどこでも良いらしいからどこでしようかな?

「この世界は悪意と絶望で出来ている」

新谷隼平さんの新しいアルバムのタイトル、そして収録曲がついに発表された。

「この世界は悪意と絶望で出来ている」

2017.11.15(水)全国発売! ⇒ 2017.11.29(水)へ変更!
収録曲:
1. プロローグ
2. この世界は悪意と絶望で出来ている
3. 無になる
4. ハローハロー
5. mint

今回のアルバムは、
「ヴォーカリスト新谷隼平」として
今までのアルバムとは違う何かを聞かせてくれる事に期待!

そして今週末10/8(日)は青森県五所川原市
五所川原駅前のトカトントンスクエアで「やってまれフェスティバル」が開催される!
関東から応援に行くという声も聞こえている。
片道約700Km 高速道路で約8時間、一般道で14時間
車中泊3日間の行程、朝から営業している温泉も見つけたぞ!
なんて検索と妄想してみたけれど・・・
色んな事情もあって関東の空からココロだけ参加・・・です。

「絶望と希望の夏」 〜 六本木morph-tokyo

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
新谷隼平&morph-tokyo presents
『絶望と希望の夏』に行ってきました。

場所は六本木morph-tokyo
本日の出演:七海なな / Gothted / 小関峻 / なんごーと宮川不届者 / 堤春乃 / MinxZone / 新谷隼平 (出演順)
OPEN 17:30 START 18:00〜

今日は新谷隼平さんとmorph-tokyo共同主催のライブ
アイドルからバンド、そして弾き語りまで多彩な顔ぶれのイベントでしたが・・・
仕事が終わってから会場へ向かったけれど最初からは当然間に合わず。
でも小関峻さんの始まる前には何とか会場に入る事が出来た。

ライブハウスも数か月ぶり・・・。
小関峻さんのライブも久しぶりだった。最近の曲「ブランコ」も良かった!
なんごーと宮川不届者さんは名前からは想像できないハスキーなウタゴエで心地よかった。
堤春乃さんも久しぶりだったな。春乃ちゃんは8月限定の「花火」という曲も歌っていた。
花火という言葉を使わないで曲を作って表現するというライブでの課題で出来た曲だそうです。
MinxZoneさんはyukariさんがvocal powerに参加しているので知っていたけれど、MinxZoneとしては初めてでした。ハッピーになれる楽しいライブだったな。
そして各アーティストさんの転換時間にはMCでも頑張っていた新谷隼平さんのライブ!
今日はサポート含めて当初四人編成でのライブの予定だったけれど
pf.Nonlyさんが体調不良で入院・・・早く元気になってください!
このため急遽、vo.新谷隼平、gt&cho.JUNNY(from もりきこ)、vn.秋久ともみ の三人編成でのライブでした。
本日の新谷隼平セットリスト
1. つなぐうた
2. あの歌を聞いて
3. やってまれ
4. 真ん中
5. ハローハロー
隼平くんのライブも前回morphでのワンマンライブから半年ぶりでした。
隼平ライブではみんな黒い「絶望」Tシャツか黒服着て集まっていたけれど・・・
私は「くいだおれ太郎」みたいなストライプの派手なシャツ着てた(笑) ヤベッ!
ライブは隼平くんのウタゴエ、そしてJUNNYさん、秋久ともみさんと共に心地よい空間だった。
真ん中は笑いもあり、そしてハローハローは会場のみんなで大合唱もあり楽しかったな。

今日は久しぶりに好きなアーティストさん達のウタゴエが沢山聞けて楽しかった。
ライブが終わった後、会場の外で記念写真を撮ったり、ライブについて語ったりした。
少し帰りが遅くなったけれど・・・まっいいか!明日は休みだしね。
とても楽しかったな。

20170818 絶望と希望の夏


20170818 六本木交差点

8/16 新谷隼平 池袋路上ライブ

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
雨が続く8月

池袋に寄って新谷隼平さんの路上ライブを聞いてきた。
『絶望と希望の夏』まであと2日

20170816 新谷隼平_池袋路上ライブ1


20170816 新谷隼平_池袋路上ライブ2


20170816 新谷隼平_池袋路上ライブ3

8/14 新谷隼平 池袋路上ライブ

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
約半年ぶりに、新谷隼平さんの池袋路上ライブを聞いてきた。

20170814 新谷隼平_池袋路上ライブ1


20170814 新谷隼平_池袋路上ライブ2

新谷隼平 路上ライブ中!

新谷隼平さんの地元 青森県五所川原市 トカトントンスクエアにて
路上ライブを決行中!

今日は既に立佞武多の前夜祭が開催されている。

8月4日(金)から8月8日(火)まで「立佞武多祭り」が開催されます。
今年は土日も挟むから、更に人も多くて盛り上がりそう!
その間も路上ライブをやっているそうなので、是非路上ライブも一緒に楽しんでください。

そして・・・
10月8日(日) に開催される
「やってまれフェスティバル2017」 も宜しくお願いします!

20170802 新谷隼平路上ライブin五所川原


隼平くん、最近コメしていませんが殆ど聞いていますので(笑)
Profile
hota
空を見上げるのが大好きです。
「そらのいろ」
今でも撮り続けています。
最近はデジタルカメラを片手に路上ライブや休日の散歩を楽しんでいます。
MUSIQUA
weather report
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

月別アーカイブ