Spiritual voice

address resolution protocol みんなとつながっている世界のはずなのに、どこにいるか分らない・・・

ライブ

7/31 小関峻 横浜ストリートライブ

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
2018年7月31日(火)
小関峻さんが「神奈川ストリート」を行う予定は知っていた。
しかし、どこでストリートライブを行うのかまではチェックしていなかった。

会社帰りに横浜駅ビルにあるカメラ屋さんを少し覗いてきた。
今では使う人は殆どいないモノクロフィルム、カラーフィルムも、そして120サイズも多く置いてある。
お店を出て駅前を歩いたら、すぐに聞いた事のあるウタゴエが・・・
偶然にも小関峻さんのストリートにバッタリ。
時間があまり取れず30分位だったけれど、峻くんのウタゴエを久しぶりに聞いた。
DAPには2枚のアルバムも入れて持ち歩いているのでチョイチョイ聞いてるけどね(笑)

小関峻くんは、6月6日にNewシングル「サムシング」が全国リリースされた。
このサムシングは実は作られたのが2012年。
1stの「青春交差点」にも収録されている曲で、峻くんと言えば「サムシング」と言う程の「代表作」でもある。
でも、こうしてシングルとして全国リリースされるという事はとても嬉しいよね。
帰りにCDを連れて帰ってきました。
ストリートライブも、この「サムシング」や「せのび」なども聞けて良かった!

ワンマンライブも11月11日(日) 上野音横丁で行われる。
今回のワンマンはいわゆるチケット取り置き・予約は無く、
小関峻くん本人の手売りと、店舗での販売のみ。
この暑い夏もライブハウス、そしてストリートライブも含めて数多くのライブを頑張っている。

今年は夜でも30度超えの日々が続いているから、無理せず体調管理にも気を付けて頑張ってね!

11月11日(日)上野音横丁にて
小関峻『サムシング』Release Tour Final
ワンマンライブ〜I'll give something to you〜
OPEN 17:30 START18:30〜

最近はライブハウスも路上ライブも行く事がかなり少なくなったけれど・・・
またどこかでウタゴエを聞きに行くよ!

20180731 小関峻-1


20180731 小関峻-2


20180731 小関峻-3


20180731 小関峻-4


20180731 小関峻-5


20180731 小関峻-6


20180731 小関峻-7

6/21 新谷隼平 池袋路上ライブ

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
2018年6月21日(木)
新谷隼平さんが池袋で20:00から「告知路上ライブ」を行うという。

今週末6/23(土)は 国分寺GiveHearts にて
東京で初となる「やってまれフェスティバル2018−東京編−」が開催される。
今日は開催前 最後の路上ライブが行われた。

私は原宿・表参道付近で撮影をしてから向かったので、少し遅れて21時頃に到着。
今日は東口で開始して穏やかに歌えていたらしい。
私が到着した時には、駅前で待ち合わせしていたカップルだろう二人が
隼平くんのウタゴエを近くで聞いていた。
確かに比較的穏やかに歌っていたが、21:30頃にPスト。
あまりにキリの良い時間だったので定期巡回なのだろうか?
機材を片付ける。というより片付けるまでPさんはその場にずっと待機する。
多少Pさんに怒られつつ終了・・・。
20180621 新谷隼平-1


20180621 新谷隼平-2


20180621 新谷隼平-3


20180621 新谷隼平-4


20180621 新谷隼平-5


そして帰宅・・・ではなく移動!
隼平くんは比較的早歩き、というよりスタスタ移動していく。
後ろからみんなでついて行く。
20180621 新谷隼平-6


そして西口に移動。
20180621 新谷隼平-7

中継も同時に配信
リアルタイムではなく、少しだけ遅れてスマホに届く。
しかも端末のキャリアによって電波が違うのか、端末の処理が遅れるのか分からないが
それぞれ微妙にずれていて面白い。
20180621 新谷隼平-8


20180621 新谷隼平-9


20180621 新谷隼平-10


20180621 新谷隼平-11


20180621 新谷隼平-12


またまたPスト・・・時間は既に22:20過ぎ
そして機材を片付けた。

先日のIWGPの所にも行ってみたが、道路工事も行われていてNG。
出会いの鐘、梟の路のふくろう ふくろうさんが首をかしげている場所に移動した。
というよりエソラ前(笑)
もうすぐ23時になりそうな時間。
飲み会の帰りだろうか、観光客だろうか、海外の人達も立ち止まってウタゴエを聞いていた。
「Oblivion」を歌っていた時、出会いの鐘が鳴った。
鍵盤とウタゴエに重なりイイ感じで鳴っていた。

20180621 新谷隼平-13


20180621 新谷隼平-14


20180621 新谷隼平-15


20180621 新谷隼平-16


20180621 新谷隼平-17


20180621 新谷隼平-18


20180621 新谷隼平-19


20180621 新谷隼平-20


20180621 新谷隼平-21


明日6/22(金)は、柏の「ちゃぶ音」で「第8回新谷隼平ちゃぶ音ライブ」
そして6/23(土)はやってまれフェス
今日の路上合わせていける人は3連チャンだ!

そしておまけ
あら、あらや・・・ん????
20180621 新谷隼平-てつさん


「やってまれフェスティバル2018−東京編−」
ソールドアウト!当日券も出ない程の大盛況だった。
そんな私は・・・行く予定が当日は大雨。
国分寺GiveHeartsの日は必ず大雨になる。
大雨には勝てず、いつもの送迎があり急遽キャンセル・・・した(泣)
ごめんね・・・隼平くん
次回はきっと!
青森にも行ってみたいが・・・まずは関東・東京でも開催されることを期待してる。
ライブはフェスだけではないけれど
これからは、まずは10月7日のやってまれフェスに向かって活動だね。

6/8 新谷隼平 池袋路上ライブ 〜 東口からIWGPへ

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
2018年6月8日(金)
新谷隼平さん 池袋告知路上ライブの続き

東口から地下道のウイロードを抜けて西口に逆戻り。
しかし西口の駅前は通過して南口へ。
というのがいつものパターンと思い南口に向かったが隼平くんは居ない・・・見失った。
と思ったら、IWGP ウエストゲートパークこと池袋西口公園に居た。

この西口公園は既に再開発の工事が始まっていて、2019年秋には日本初の「劇場公園」
言ってしまえば「野外イベント広場」として整備される様だ。

小さな池と噴水があった場所は塀で仕切られていた。
機材を準備してスタートする。
池袋西口公園 では
・ずっと君を (T-BOLANカバー)
・mint
・紐
・手紙
・世情 (中島みゆきカバー)
・プロローグ
・この世界は悪意と絶望で出来ている
・春が世界を咲かせても
・ささやかな約束
・世界が終るまでは (WANDSカバー)
・ハローハロー

この付近のお店は、ちょっとした外国の雰囲気を持つ洒落たお店が多い。
まるで海外で路上ライブを行っている様な景色だ。
20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-13


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-14


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-15


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-16


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-17


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-18


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-19


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-20


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-21


対面の柵に腰をかけて聞いていたら、これから東北方面に帰るという男の人と少し話した。
その会社の社長さん(専務さんだったかな?)は五所川原出身だと言っていた。
なかなか良いね! 彼(隼平くん)は最高の酒のつまみだわと隼平くんを褒めていた。
路上ライブをやる奴らは肝が据わっているんだ、なかなかこんな事出来ないよ。
そんな事を話していた。
私は隼平くんのチラシを一枚手渡した。
「本当は折りたくないけれど、ゴメン折るね」と言ってカバンにチラシを入れていた。
帰りのバスの中や戻った先でチラシ見てくれていたら良いな。
深夜バスに揺られていくのでビールを購入していた。
これから10時間ずっと吸えないからと、たばこを一本吸ってからバス停に移動して行った。

そんなちょっとした出会いだったけれど、路上ライブは時々遭遇するヨッパライの襲来だけでなく、本当に小さなコミュニティというか、色んな人が集う場所の様な気がする。

20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-22


「春が世界を咲かせても」私の中ではかなりのヒットソング
最新曲の「Oblivion」もすこしアップテンポな曲で好きだけれど
私的には「春が・・・」の方が好きだな。

20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-23


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-24


本当はあと何曲か歌うはずだったけれど、また大粒の雨が降ってきた。
ラストの曲は「ハロー ハロー」
歌っている途中で鍵盤にも大粒の雨が。
テツさんが隼平くんに傘を差して歌い切った。

20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-25


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-26


さて、撤収!片付け!
と同時に・・・傘を持っていない私ともう一人(笑)は軒下に移動。
片付け手伝わなくてゴメン。

ライブ配信をずっと聞いてくれていた人が初めて路上に駆けつけてくれて、
CDを手にして帰って行った。

やはり雨の路上は新しい出会いがあるんだな。

6月23日(土)国分寺GiveHearts
『やってまれフェスティバル2018-東京編-』
OPEN 17:30 START 18:00〜
出演:新谷隼平 / 横田悠二 / JUNNY(もりきこ) / 小関峻 / ツカダコージ / サポニン / 五所川原甚句保存会(津軽三味線)
そして
あげたい (全員にプレゼント)
りんごビール
赤〜いりんごワイン (10杯限定)
赤〜いりんごジュース
りんごチップス
立佞武多りんごジュース
貝焼き味噌 (10食限定) の出店もあるそうです。

6/8 新谷隼平 池袋路上ライブ 〜 西口から東口へ

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
2018年6月8日(金)
新谷隼平さんが池袋で20:00から「告知路上ライブ」を行うという。

最近は「ゲリラ路上ライブ」で場所も時間も告知無し。
ゼロからの新しい出会いを求めて路上ライブを行っている。
しかも22:00頃〜0:00頃までと遅い時間。

今日は事前に告知されていたライブ、しかし・・・予想外の雨模様。
私はカメラは持っていても傘は持っていなかった・・・。

雨という事で小さな軒がある西口からスタート。
この西口は駅前も待ち合わせの人が多い。
そして多少の雨除けもあるのでその下で段ボールを敷いて寝る人も多い・・・。
その寝床を作っている人達の横でスタートとなった。
20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-1


一曲目 DEENカバー「このまま君だけを奪い去りたい」を歌っている途中ですぐにPスト。
しかも若いPさんはまだ池袋慣れしていないのか、ちゃんと職務を遂行して怒っていた。
20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-2


機材の片付けはゆっくりの隼平くんだが(笑)、移動の足は誰よりも速い。
地下街では振り返らずに真っ先にグイグイと歩いて行く。
20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-3



そして東口。雨は上がっていた。
いつもの場所は先客が入っていて違う場所へ移動するが、同じ様に各場所には何組か待機していた。
そしてある場所で止まった。
この場所は・・・「イワク付き」のあの場所・・・また何か起こりそうな予感。

機材を準備してスタートする。
・このまま君だけを奪い去りたい (DEENカバー)
・ことなかれ
・ありふれたころ
・道なき道
・真ん中

20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-4


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-5


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-6


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-7


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-8


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-9


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-10


やはり「イワク付き」のこの場所では、あれが起こるべくして起こった。
酔っぱらいのおっちゃん、路上ライブでは付き物のようなモノだけど・・・
自分の足と靴に缶のウイスキー水割りをドバドバこぼしてもほぼ無反応のヨッパライ。
歌っているのに話しかけてきたり、周りで聞いている人に話しかけたり、その場で芸をするオッサンもいる。
今日は、歌っていた隼平くんがオッサンを見て笑ってしまった・・・負けた(笑)
と同時にPさん登場でPスト。
隣の車でメロンを2個500円と大きく書いて売っていたあの移動販売の人もPさん来たら車に幌をかけて移動していった。
実際には2個で500円では売っていない手口は知っているが(笑)

そんな酔っ払いのオッサンがPさんに若干絡んで文句言っている・・・
やはり「イワク付き」のこの場所で数年前のあの出来事が再来か!!!
と思われたが、Pさんは大人の対応で大事には至らず。

という事で・・・機材を片付けた。
20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-11


20180608 新谷隼平 池袋路上ライブ-12


つづく









新谷隼平ワンマンライブ『All in all is all we all are』に行ってきました

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
暗黒チルドレンの決起集会に行ってきました!(笑)

2018年 5月7 日(月)
新谷隼平One Man Live 『All in all is all we all are』
場所は国分寺GiveHeartsにて
出演:新谷隼平
サポートメンバー:Gt&Cho JUNNY(from もりきこ)、Vn 秋久ともみ

本日は新谷隼平くんのワンマンライブ!そしてバースデー!
ライブスタートは19:30〜

ですが・・・

私は17:30過ぎからお客さんと打ち合わせ・・・
外はかなりの大雨。
国分寺GiveHeartsまでは仕事場から最短で1時間半
と・・・確実に間に合わない状況。
まさに「絶望」

何とか打ち合わせも終わってダッシュで向かったが、新宿から乗った快速では押し潰されていた。
こんな電車で毎日通勤したくないと思いながら、何とか国分寺に到着した。
事前に調べていたので駅からの道は迷わなかった。

新谷隼平くんのライブ、前回行ったのは2017年8月『絶望と希望の夏』
11月の『世界を変えられないこの歌を』 文京区のお寺ライブはぶっ倒れてて行かず。
約9か月間も隼平箱ライブは行ってなかった。

本日のセットリスト
〜OPENING SE〜All Apologies(NIRVANA)
1.mint
2.Suicide Happy
3.無になる
4.季節はずれ
5.この世界は悪意と絶望で出来ている
6.紫陽花
7.あの歌を聞いて
8.やってまれ
9.ささやかな約束
10.春が世界を咲かせても(新曲)
11.一人芝居
12.孤独を愛するモノたち
13.人間
14.ことなかれ
15.ありふれたころ
16.真ん中
17.プロローグ
18.つなぐうた
〜アンコール〜
EN1.ここで歌うよ
EN2.ハローハロー

私が国分寺GiveHeartsに到着した時には当然ライブは始まっていて「季節はずれ」を歌っていた。
私は一番後ろの席に座った。

隼平ワンマンライブでは、すっかり定着したサポートメンバー
ともみさんのバイオリン、そしてJUNNYさんのギターがとても心地よい。
この二つの楽器、そして隼平ヴォーカルだけというシンプルさ。
しかしライブは一つひとつの音もごまかしは出来ない。
私はリズムに合わせて手拍子して一緒に歌ってとても楽しかった。

今回のタイトルは『All in all is all we all are』
このタイトルはOPENING SEで流れていただろう隼平くんの好きなNIRVANA「All Apologies」の歌詞にも関係しているという事を何人気付いていただろうか。
本当は「戦争反対」というタイトルも考えていたとか(笑)

「あの歌を聞いて」良かったな。
初めて聞いた新曲「春が世界を咲かせても」歌詞もメロディも良い曲だ。
ライブを見て、隼平くんの今進みたい道が見えている気がした。

ライブ終了後にはみんなで隼平くんのバースディを祝った。
ファン有志から花束とケーキとメッセージカード、そしてハッピーバースデーの歌のプレゼントを贈った。
29歳おめでとう!

来月6月23日(土)には同じ国分寺GiveHeartsで
『やってまれフェスティバル2018-東京編-』も開催される。
青森県五所川原からもチームやってまれのメンバーも駆けつけるそうです!

20180507 新谷隼平-1


20180507 新谷隼平-2


20180507 新谷隼平-3


20180507 新谷隼平-4


新谷隼平 大リクエスト大会

ネット放送で新谷隼平さんのリクエスト大会が開催された。
全曲、リクエストが届いた順にライブ放送で弾き語りを行うというもの。
20:40頃から開始されたこの放送、既に3時間30分以上、実は今も続いている。
4時間の打ち切りまで続けるそうだ。

本日のリクエスト大会 セットリスト
1.薫
2.紫陽花
3.ココロアメ
4.たそがれ傘
5.景色に恋をする
6.つなぐうた
7.素敵なこと
8.最愛
9.流星
10.mint
11.世界中の誰よりきっと (WANDSカバー)
12.ブラックコーヒー

13.孤独を愛するモノたち
14.ハローハロー
15.真ん中
16.猫のように
17.ほほえみ
18.一人芝居
19.風の音
20.人間

21.紐
22.東京
23.28歳この街で
24.世界が終るまでは (WANDSカバー)
25.ソーダ水
26.水を抱く人
27.ここで歌うよ
28.ことなかれ
29.やってまれ

30.季節はずれ
31.無になる
32.輝ける人生

久しぶりに聞けた曲、今ではあまり聞けなくなってしまった曲、新しい曲、カバー曲も。
CD音源には無い、深いコアなファンでないとリクエスト出来ない曲も。
ワンマンライブというより、曲数はワンマンの2倍は歌っている。

新谷隼平くんの路上ライブで鍛えてきた精神力、その声、
そしてみんなの期待に応えたいという優しい気持ち。
凄すぎです!ありがとう!
GWの五所川原ライブ、そして連休明けのワンマンもあるから喉も休めてね。

2018年 5月 7日(月)
新谷隼平One Man Live
『All in all is all we all are』
国分寺GiveHeartsにて
OPEN 19:00 START19:30〜
チケット予約受け付け中!

20180420 新谷隼平A

4/20 新谷隼平 池袋路上ライブ 〜 西口にて

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
新谷隼平さんの後ろを歩き、東口から西口に移動した。

西口は歌っている人がキレイに居なくていつもの場所へ。
きっと少し前にPストでみんな移動したのだろう。
きっと東から西へ、西から東へですが・・・
それだけ最近の池袋は混んでいるという事だろうか。

西口でのセットリスト
・プロローグ
・この世界は悪意と絶望で出来ている
・ことなかれ
Pスト
・つなぐうた

隼平くんは、5月連休明けのワンマンライブが近いけれど、
特に「ワンマンです来てください!チケット買ってください!CD買ってください!」と
新宿や池袋でも見かける少しアイドルっぽい女性アーティストとは対照的に、
特にグイグイと前面に強く押し出す訳でもなく、集まってくれたファン、目の前に立ち止まってくれた人達、そして池袋の街に向けてウタゴエが響いていた。

殺伐とした池袋の路上で「プロローグ」が響いた。
この曲で立ち止まっていた人も多くいた。

今日が28歳最後の路上ライブになるだろうと言っていた。
ワンマンの集客数とかCD売り上げ数か月で1000枚を目標!とか
人はそれぞれ色んな活動の目標があったりするだろうけど
隼平くんは「自分のやりたい方向性が見えた」そんな事を話していた。

きっと今日の路上ライブはPストも含めて思う様な結果が出なかったかもしれない。
私はそんな気がする。

でもこの池袋で新谷隼平くんにまた会えて、ウタゴエを聞けた事、
そしてこの路上ライブに集まる仲間達にもまた会えた事が私は嬉しかった。

ラストの一曲はアンプもマイクも無く、鍵盤とウタゴエだけ。
みんなで近くに寄って「つなぐうた」を聞いた。

ありがとう。

2018年 5月 7日(月)
新谷隼平One Man Live
『All in all is all we all are』
国分寺GiveHeartsにて
OPEN 19:00 START19:30〜

チケット予約も受け付け中です!

20180420 新谷隼平-西口1


20180420 新谷隼平-西口4



20180420 新谷隼平-西口2


20180420 新谷隼平-西口5


20180420 新谷隼平-西口3


20180420 新谷隼平-西口6


20180420 新谷隼平-西口7


20180420 新谷隼平-西口8
20180420 新谷隼平-西口9

4/20 新谷隼平 池袋路上ライブ 〜 東口にて

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
最近は池袋駅前で行われている路上ライブはかなりの激戦区になっている。
西口も、東口も。
特に週末の金曜日は特に混んでいる。

そんな4月20日(金)に
新谷隼平さんが池袋路上ライブを行うと予告していた。
時間は20:00から。

しかし、いつもの東口の場所、そして西口も先客アリで少し待機。
開始早々巡回でPストだったらしい。
場所を移動し、結局20:50頃からのスタートとなった。

東口でのセットリスト
・このまま君だけを奪い去りたい / DEEN
Pスト〜移動
・世情 / 中島みゆき
・季節はずれ
・世界が終わるまでは / WANDS
・やってまれ
Pスト〜西口へ

私はパチリパチリしながら前後左右と移動しつつ聞いていた。
壁際で聞いていたら、まだ若いカップルが「おっ! WANDSじゃん!」と言っていた。
きっとリアルタイムで聞いていた世代ではない若い人だったけれど、
良い歌は世代も関係なく、いつまで経っても褪せる事がないんだなと感じた。

途中で隼平くんの出身地 青森県の方々が立ち止まって聞いていた。
青森の「ねぶた祭り」掛け声は「らっせーら らっせーら」だよね?
いや違うんです、
五所川原の「立佞武多(たちねぷた)」は「やってまーれ やってまーれ」なんです。
と話していた。
そんな会話をしつつ・・・「やってまれ」を歌った。
同じ青森県内でも「ねぶた」と「ねぷた」、掛け声も違うんだよね。

青森の人達が去った後、また巡回でPストで中断。
時々片付けろ!と注意だけしてすぐに次の現場にそのまま歩いて行く人も居るけれど、
今日のお巡りさんは身分証の提示とか始末書とかの書類を手順に従って処理しつつ・・・
機材を全て片付けるまでその場を離れずに立ち止まって見ているんだよね。
何分も。
きっとお巡りさんも仕事中の息抜きの時間なのねと思いつつ・・・撤退、移動です!

20180420 新谷隼平1


20180420 新谷隼平2


20180420 新谷隼平3


20180420 新谷隼平4


20180420 新谷隼平5


20180420 新谷隼平6


20180420 新谷隼平7


20180420 新谷隼平8


20180420 新谷隼平9


20180420 新谷隼平10


20180420 新谷隼平11

3/30 新谷隼平 池袋路上ライブ

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
新谷隼平さんの池袋路上ライブに寄ってみた。

きっともう終わっているだろう。
そんな時間。

いつも混雑している池袋駅、週末は更に人が増える。
スマホを見ながらゆっくり歩く人にイライラしながら階段を上がる。

ウタゴエか聞こえてきた。
本日最後の曲は「つなぐうた」
その途中から1曲、いや半分だけ聞いた。

私は少し遠めに通路を挟んで壁際から聞く。
少しだけ聞けただけでいいんだ。
会えただけでいいんだ。

20180330 新谷隼平1


20180330 新谷隼平2

Crispy脆樂團『你說風景無法帶走』亞洲巡迴 に行ってきました!

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
最近 Spotifyで出会った「Crispy脆樂團
台湾のエレクトロポップデュオ。

『你說風景無法帶走』 亞洲巡迴
(The View We Left Behind Asia Tour)
2018年1月25日(木)  青山「月見ル君想フ」にて
crispy脆樂團 JAPAN TOUR 2018 in Tokyoに行ってきました!
出演:kirim / 赤い靴 / crispy脆樂團 (出演順)

20180125 Crispy脆樂團1


私にとって初の海外アーティストのライブです!
crispy脆樂團はウタゴエもサウンドも、とても心地良いダブルヴォーカルのアーティスト!
アコースティックギターのSkippyくん&鍵盤そしてパーカッションの丁不拉丁(丁丁)さんです。

1月25日は月齢8、夜空には上弦の月(半月)が出ていました。
でも、月見ル君想フは満月のお月様が輝いていました。

20180125 Crispy脆樂團2


Crispy脆樂團のライブは
ハーイ!今晩は!今晩は東京!私達はCrispyです!
私はSkippyです!私は丁丁です! ハーイ! from Taiwan イェーッ!
と挨拶してスタートしました!
本日のセットリスト
・燈塔
・100点 (100分 日文版)
・玩伴
・100萬
・編織星空的人
・流浪
・你說風景無法帶走
・你快樂嗎
Encore
・念舊

Crispy脆樂團のライブは席に座ってゆっくりと体を揺らしながら聞いていた。
「100点」では「100分」の日本語版の歌詞を歌ってくれて、会場のみんなで「100点取るよ〜♪」って手拍子しながら一緒に歌うことが出来た。とても嬉しかったな。
「100萬」も日本語版の歌詞で「ひゃく ♪ ひゃく ♪ ひゃく ♪ 」「100万!」と一緒に歌った。
Crispyの3人目のメンバーの恐竜くんは、ドラムスティックでポコポコ叩かれちゃうとシンバルの音が出て可愛かった。
MCは殆ど英語で話していた。私も理解したくて一生懸命耳を傾けて聞いていた。
時々、丁丁さんが日本語のタイトルの説明してくれるのがとても可愛かった。
「編織星空的人」も「流浪」も「你說風景無法帶走」も大好きな曲が聞けた♪
「你快樂嗎」の後に会場からすぐにアンコールの拍手!
アンコールは予定していなかったのか、ハーモニカが無いよ〜って(笑)
丁丁さんが「ちょっとまって」と言ったのが可愛かったよ。
ライブは本当に心地良い時間だった。とても良いライブだった。
私は中国語の歌詞は聞きながら理解出来ていないけれど、「言葉の響き」だったり「楽器の音色」だったり・・・
心地良い「音楽」は、「国」や「人種」という壁を越えて広がって行くんだなと思った。
ライブを見てますます「Crispy脆樂團」が好きになった。

20180125 Crispy脆樂團4


ライブ終了後に欲しかった「你快樂,嗎」のCDを連れて帰ってきた。
CDにサインもしてもらった。
To HOTAさん (← ここ さん に注目) と書いてもらった。

また東京でライブをしに来日して欲しいな。いや、絶対に来て!
今回来日していた時期は「最強の寒気」でとても寒かったけれど、桜の咲く頃に来たらもっと新しい日本の景色が楽しめると思うよ。
日本からもずっとCrispyを応援しているよ!今日はありがとう!
20180125 crispy3

2月も続く亞洲巡迴
新加坡站 (Singapore) そして 吉隆坡站 (Kuala Lumpur)も頑張って演奏してきてね。
加油!

MUSIQUA HALL ONEMAN LIVE 2017「一人 〜いちびっと〜」に行ってきました

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
MUSIQUA HALL ONEMAN LIVE 2017 「一人 〜いちびっと〜」 に行ってきました!
場所は、Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
出演:MUSIQUA 石橋沙弥香
サポートメンバー
Gt. 井手上 誠
Ba. IMAMUN
key. 佐藤 昌
Dr. 大浦 ともぞう

MUSIQUA初のホールワンマンライブです!
そして初めて行く Mt.RAINIER HALL!
20170507 MUSIQUA初ホールワンマン「一人」1


公演名である 「一人」は、ひとりではなく 「いちびっと」 と呼びます。
そして今回のライブは全席指定!
ライブ会場、そして2月から続けてきた路上ライブでお客さんが座席を指定してチケットを買うというシステム。
私がチケットを購入した時には、面白い事に正規分布の様な座席の埋まり方をしていて(笑)
どこにするか悩んだけれど、最前列の一番端が一つ空いている!という事で、A列17番に決めた。

座席指定という事もあったのでゆっくり目に到着。
新しく発売されたムジカTシャツに着替えて、ドリンクを交換していたら・・・ドアが閉まっていた(汗)

ピンポンパンポ〜ン♪
本日はご来場頂き有難う御座います。カメラでの撮影や録音などは禁止です。
携帯はマナーモードか電源をお切りになり・・・とお決まりのセリフの後に
なお、本日の公演の様な座席での場合、立ったら良いのか、座っていれば良いのか、前の人立ったけれど座っていたらノリが悪いと思われないかと微妙な気持ちになりませんか?とアナウンス(笑)
今日の公演は「立たなくてよいです!」  会場中が「え〜っ!」
立つ時は沙弥香さんが「立とうか!」と言います!とアナウンス。
公演前の注意アナウンスはMUSIQUAらしいというのか・・・(笑)

「たいとる」のBGMと共にサポートメンバーがステージに登場。
「Landmark」からワンマンライブが始まりました!
沙弥香さん聞かせたね〜、泣かせたね〜
「立とうか!」と言わないから、前半のノリノリの曲は座って聞いていたけれど・・・(笑)
私は井手上誠さん「まこっちゃん」の目の前。
彼のイケメンぶりとギタープレイに見とれてしまった。

「キラキラ」の後、沙弥香さんが一度ステージの袖に入る。
そしてサポートのリズム隊が演奏を続ける。
きっと古株ムジカーさん達はこのメロディを聞いただけで鳥肌が立っていたと思う。
あの曲しかないと・・・「忘れないで」
今ではワンマンの時でしかきっと聞く事が出来ない8分もあるこの曲を聞く事が出来て良かった。

新曲の「ONE」も初披露!
これからずっと歌っていく一曲になる良い曲だった。
メロディは覚えた!

セットリストを見ても、本当に良いライブだったな。
最高のGWだったな。
楽しかった!

『本日のセットリスト』
1. Landmark
2. 世界の別名
3. 心のカバン
4. 九月の風
5. 秘密の場所
6. ノック
7. 鼓動の記憶
8. キラキラ
9. 忘れないで
10. ホシクイ
11. 偽物days
12. 横顔
13. 幸せの雨
14. 希望の光
15. ONE(新曲)
16. 愛を知った
17. プレゼント
18. はなむけの花
〜Encore〜
19. 君は歌う
20. たいとる

そしてMUSIQUAは次のワンマンも決定!
毎年11月に行っていたワンマンライブが3年ぶりに復活です!
2017年11月26日(日) 渋谷TAKEOFF7にて
このライブも楽しみにしてるよ!

今まで続けてきた路上ライブ、SHOWROOMでの配信の結果がここにあったと思う。
今日はありがとう!
20170507 MUSIQUA初ホールワンマン「一人」2







4/28 MUSIQUA(ムジカ) 渋谷路上ライブ

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
4月19日(水) 深夜2:00〜 MUSIQUAが生出演したFM NACK5「ラジオのアナ 〜ラジアナ」
私は録音しておいたのを少し遅れて聞いた。

その中でMUSIQUA 石橋沙弥香さんが、さいたまで好きな場所はという質問に
ポロっと言った・・・からあげ専門店「からやま
イオンに買い物に行く時の曲がり角にあるあのお店 (笑)
スーパーのお惣菜売り場にある小ぶりなサイズではなく、赤ちゃんの握りこぶしみたいなビッグサイズで揚げたての「からあげ」が確かに美味しい!
そんな名前を聞いてしまったから・・・「からやま」食べたい病が発症してしまった。

検索したら、仕事終わりに食べてから渋谷に行けるお店があった!
ヨシ!と仕事を切り上げて「からやま」へ!
定番の「からやま定食」を食べて・・・お腹いっぱいでもう動けない状態で渋谷に向かった(笑)

渋谷ではMUSIQUAの路上ライブが行われていた。
5/7ホールワンマン『一人〜いちびっと〜』への道!!
と題した路上ライブも今日で32日目。
そして初のホールワンマン前 ラストの路上ライブ!

場所は、Shibuya MODI 前
20時からスタートした路上ライブは止められることもなく歌うことが出来た。
ムジカーさん達もラストの路上ライブという事もあって駆け付けた人も多かった。

今日はワンマンチケット一枚売れるまで終われない!と沙弥香さんが歌う。

そして時間はもうすぐ22時 ・・・ ついにチケットが旅立った!
よし、もう一枚!(笑) とみんなで笑いながらまた歌い続けた。
今日もいっぱいウタゴエを聞くことが出来た。

いつも路上ライブのラストに歌う「Landmark」
今日は最後に歌いたい曲があるのでと最後から二番目に「Landmark」を歌った。
そしてラストの曲は・・・「プレゼント」
歩道の壁側で聞いていたムジカーさん達も、みんなでMUSIQUA 沙弥香さんを囲むように近くに寄り添う。

まだ寒い2月4日原宿駅前でスタートした路上ライブ。
最初は沙弥香さんが見に来てくれた人にカイロを配っていたよね。
みんなでぶるぶるしながら見ていたのも思い出のひとつ。

そんな路上ライブも原宿ストップからみんなで歩いて渋谷に場所を移動した時も思い出のひとつ。

私は数回しか応援に行けなかったけれど・・・
4月28日まで続けた路上ライブは本日で完走(完奏)!
沙弥香さんは両手を大きくあげて、みんなで大きな拍手と共にムジカーさんからは花束を贈った。

あとは5月7日の初ホールワンマン!
今では比較的新しいムジカーさん達がMUSIQUAを盛り上げけて応援してくれている。
以前の様にはライブに行けなくなってしまったけれど、
今でもずっとMUSIQUAを応援し続けている古株ムジカーさん達も来るって情報もちらほら。
5月7日はみんなでMUSIQUA初ホールワンマンを盛り上げて成功させよう!

2017年5月7日(日)
MUSIQUA HALL ONEMAN LIVE 2017「一人」
Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE にて
OPEN 17:30 START 18:00〜

20170428 MUSIQUA-A


20170428 MUSIQUA-B


20170428 MUSIQUA-C


20170428 MUSIQUA-D


20170428 MUSIQUA-E


20170428 MUSIQUA-F


20170428 MUSIQUA-G


20170428 MUSIQUA-H


20170428 MUSIQUA-I

4/14 MUSIQUA(ムジカ) 渋谷路上ライブ

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
夜桜散歩の後は、中目黒から代官山を抜けて渋谷まで更に歩いてみた。
途中で曲がらずに少し遠回りしてしまったが、何とか線路沿いの道に出た。

渋谷では、MUSIQUA (石橋沙弥香) さんが路上ライブを行っている。
久しぶりに沙弥香さんのウタゴエを聞きに行った。

2月4日(土)からスタートした路上ライブも今日4月14日(金)で27日目!
初めは原宿で始めた路上ライブも渋谷駅前に移動し、そして最近は公園通り入り口で行っている。
MUSIQUAワンマンまでついに一ケ月!というよりあと約三週間!

5/7ホールワンマン『一人〜いちびっと〜』への道!!
と題した路上ライブは毎週ほぼ3日間。そしてMUSIQUA showroomの配信も行っている。

それにしても渋谷という街は、本当に人が多い。
人通りはとても多い街だけれど、そのウタゴエに立ち止まって聞き入る人は実は多くない。
しかも、みんな急ぎ足でどのアーティストさんの路上ライブも通り過ぎる。
20170414 MUSIQUA渋谷路上ライブ-A


横断歩道を渡ると「告白」が聞こえてきた。
私は歩道を挟んで壁側に座る。
歩道を人が通過すると一瞬音が遮られてホワホワと変化する。
急ぎ足の人通りを感じながらウタゴエを聞いていた。
今日はまだヨチヨチ歩きの小さな女の子が聞いてくれて、沙弥香さんがカードを手渡してバイバイと手を振っていた。
20170414 MUSIQUA渋谷路上ライブ-B


沙弥香さんの鍵盤を弾く美しい手をパチリ。
そして鍵盤の周りにはQRコードが!
写真でもQR読めるかな?って自分でやってみたら読めた(笑)
20170414 MUSIQUA渋谷路上ライブ-C


MUSIQUAのアルバムには入っていない曲
「いつか」
初期の頃のこの曲が聞けたのがとても嬉しかったな。
卒業の時期は過ぎちゃったけれど、この春にピッタリな私も大好きな曲です。
20170414 MUSIQUA渋谷路上ライブ-D


時間は既に22時を過ぎていた。
ラストの曲は「Landmark」
この時間でも人通りは殆ど変わらない。
横断歩道の信号が変わると同時に多くの人が渡る。
20170414 MUSIQUA渋谷路上ライブ-E


今日の路上ライブは全20曲歌ったとMUSIQUAファンのムジカーさんが話していた。
ワンマンライブ、それ以上の曲数かもしれないね!
沙弥香さんすごっ!と思ったけれど・・・本人はもっと歌いたいみたい(笑)

キメラ路上ライブの頃から使っていたCRATEの黄色のアンプがお疲れになっちゃって・・・
最近新しいRolandのアンプに変えた。なかなかいい音だった。
20170414 MUSIQUA渋谷路上ライブ-F


今日は沙弥香さんにも会えて、そしてMUSIQUAの歌をいっぱい聞けて嬉しかったな。
CDもワンマンチケットも結果が出たね!
ワンマンまでまだ時間はある!もっと沢山の人にMUSIQUAを聞いて欲しい。
今日はありがとう!また会いに行くよ。
路上も無理しないで頑張って!

『本日のセットリスト』
・ 横顔
・ 糸
・ 世界の別名
・ プレゼント
・ 星が降るように
・ 100分の1
・ 告白
・ 窓ガラスに映る君
・ シャララ
・ チェリー
・ 未来予想図
・ 幸せの雨
・ 愛を知った
・ ノック
・ はなむけの花
・ 偽物days
・ いつか
・ 僕らの「またね」
・ キラキラ
・ Landmark
+猫踏んじゃった(インスト)   全20曲+1曲(インスト)

★MUSIQUA初のホールワンマンライブ★
MUSIQUA HALL ONEMAN LIVE 2017「一人」
日時:2017年5月7日(日)
会場:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE にて
時間:OPEN 17:30 START 18:00〜

歌っていた路上の前に落ちていたバラの花。
20170414 MUSIQUA渋谷路上ライブ-G


本当は、いつの間にか大きなバラの木が路上に置いてあった。
なんとも渋谷らしいというか・・・(笑)
20170414 MUSIQUA渋谷路上ライブ-H

新谷隼平ワンマンライブ『あなた主義』に行ってきました

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
2017年2月17日(金) 六本木morph-tokyoにて
新谷隼平 2nd mini album 『ことなかれ』 リリースツアーファイナルワンマンライブ
『あなた主義』に行ってきました。

出演 : 新谷隼平
support member
Guitar&Chorus : JUNNY (fromもりきこ)
Piano : Nonly
Violin : 秋久ともみ
Arrangement : 増田竜之介
opening guest : もりきこ / 松本耕平

2016年9月16日 前回の新谷隼平ワンマンライブ 『ことなかれな僕ら
このライブから5ヶ月、久しぶりに隼平くんのライブに行った。
この5ヶ月間は一度だけ路上ライブに行った。
その時にチケットを直接購入した。

仕事終わりの金曜日の夜、
早めに片付けて会社を出たつもりだったが、オープニングゲストの「もりきこ」さんは聞けず、「松本耕平」さんのライブから聞いた。
私はステージ向かって右端に座った。
前回のmorphの時も向かって右側で見ていたと思う。

この日は久しぶりのライブ、そして大切なワンマンだったけれど、前半はとても眠たかった。
それは退屈な眠さではなく・・・
目を瞑って、このまま聞きながら心地よく眠ってしまいたい。
そんな気分だった。

今回のライブは、本人のblog にも書かれていたけれど、鍵盤は全てNonlyさんが弾いた。
隼平くんはスタンドマイクを持ち今回のワンマンは歌うことに専念。
鍵盤+隼平のスタイルを見たいという人もいて確かに賛否両論はあると思うけれど、
私はワンマンやここ大一番のサポートが付いてくれるライブは歌う。
それが良いと思う。

ライブは中盤に歌った「紫陽花」あの曲が超ポップになっていた。
そして初披露の新曲「無になる」
歌詞は覚えられなかったけれど、何処と無く優しく感じるメロディ。
そしていつかフルオーケストラで聞いてみたくなるメロディだった。
これから各地のライブでも歌っていくのかな。また聞いてみたい。

後半は、そろそろおしり痛くないですか〜 と 会場全員スタンディング!
「真ん中」 みんなで手拍子!
隼平くんは汗、汗、汗 メチャメチャ汗が吹き出して飛び散っていたね(笑)
「あの歌を聞いて」JUNNYさんのコーラスとハモってたな〜
アンコールのラストは会場全員で「ハローハロー」を一緒に歌った。
これからも大切な曲にしていって欲しい。

本日のセットリスト
 1. Opening
 2. 景色に恋をする
 3. 紙一重
 4. つなぐうた
 5. ありふれたころ
 6. 紫陽花
 7. 無になる
 8. いろとりどり
 9. 言葉のない世界
10. ほほえみ
11. 季節はずれ
12. 真ん中
13. あの歌を聞いて
14. やってまれ
en1. ことなかれ
en2. ハローハロー

そしてライブでは、今年中にアルバム「やってまれ」を発売したいと大発表!
5月7日、隼平Birthdayの日には「絶望フェス」を行うと発表した!

今回のワンマンライブもとても良かったよ。
ありがとう。楽しかった。

20170217 あなた主義〜新谷隼平

11/30 岩船ひろき 浦和路上ライブ

ブログネタ
ライブに行ってきました に参加中!
浦和駅前で岩船ひろきさんが路上ライブを行うというので久しぶりに寄った。

箱ライブも路上ライブも最近は殆ど、というより全く行っていないから
岩船くんのウタゴエを聞くのも、本当に久しぶりだった。

本日の路上ライブは、当初19:30からと言っていたけれど、
若干遅れてのスタート。
途中休憩を挟んで、2セットの路上ライブでした。

第一部
・ I Love You(尾崎豊カバー)
・ 君が時計を気にした時
・さよならイエスタデイ

第二部
・ クリスマスフォーエバー
・ 25回目のプレゼント
・ 北極星
・ 新しい靴

20161130 岩船ひろき1


「君が時計を気にした時」
以前にblogに書いたことがあるけれど、この浦和の隣駅の西口バスロータリーが題材になっている曲。
一番最初に聞いた時から、歌詞が全面的にガラッと変わっていた。
岩船くんの歌は、最初に作った時から歌詞を削ぎ落として再構成する事が時々ある。
これが今の歌なんだなって思う。

12月11日(日)に「さいたま新都心HEAVEN'S ROCK」でワンマンライブツアーファイナルが行われる。
一人でも多くの人に来て欲しいと思っている
一人でも多くの人に来てもらえれば
一人でも多くの人を元気に出来る自信がある
岩船くんはそんな話をしていた。

第二部はクリスマスの歌を歌った。
当初三曲で終わる予定がもう一曲歌ってもイイですか?と。
「北極星」良かったな。
ラストの曲は12月11日のワンマン来場者CDプレゼント特典の「新しい靴」を歌った。

今年は年間240本以上のライブを行うと言っていた。
「全身全霊」
都内や埼玉など関東近県だけでなく、新潟、東北、長野を始めとして色んな場所に行ってライブで歌うって本当に凄い事だなと思った。
20161130 岩船ひろき3


久しぶりに岩船くんのウタゴエを聞いた。
ちょっと新鮮な気持ちで聞けた気がする。
路上で出会った仲間達にも久しぶりに会う事が出来た。
20161130 岩船ひろき2


そして今日、11月30日は兄ちゃんの誕生日。
誕生日おめでとう!!
Profile
hota
空を見上げるのが大好きです。
「そらのいろ」
今でも撮り続けています。
最近はデジタルカメラを片手に路上ライブや休日の散歩を楽しんでいます。
MUSIQUA
weather report
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

月別アーカイブ