Spiritual voice

address resolution protocol みんなとつながっている世界のはずなのに、どこにいるか分らない・・・

散歩

影法師 〜 Silhouette

「影法師 〜 Silhouette」

20180304 伸びる影法師

動物たちに囲まれて

三連休はこれと言って何もせず引きこもり。
というのも・・・なので、
子供を連れて小さな動物園のある公園に行った。

連休最終日という事もあり、公園の遊具は小さな子供達が駆け回っている。
少し遊ばせてから小さな動物園に行ってみた。
ふれあいタイムで子供達はモルモットを触っていた。
私は待機中のこの子をパチリと撮っていた。
20180212 モルモット


小さな動物園と言っても園内は色んな動物たちがいる。
サルやヤマネコ、ツキノワグマやブチハイエナまで。
カピバラさん達はまだ寒いからみんなで集まっていた。
見ているとちょっと癒される
20180212 カピバラ


鳥たちも園内で放し飼いされている。
フラミンゴもいるけれど、あ!
「ギニアフォール!!!」
フライタイイングで使う水玉模様の鳥の羽
ウエットではお世話になっております・・・(笑)
20180212 ギニアフォール

目の前を何羽も歩いている!!
日本名は「ホロホロ鳥」さん
20180212 ホロホロ鳥1


そんな園内を楽しんだ後は公園を散策
もう紅梅が咲いていた。
桜はまだまだといった感じ。
最後に神社でお参りして戻ってきた。
20180212 紅梅


夕暮れの空。
この場所は遠くに富士山が見えるお気に入りの場所。
お日様が落ちた後、まだ空は明るく輝いていた。
20180212 そらのいろ



雨の公園

一人 雨の公園を歩く

雨の日にしか出会えないものがある気がした。

20170513 雨の公園-1


20170513 雨の公園-2


20170513 雨の公園-3


木の根元に泡があった。
カエルの卵かな?と思っていたが・・・「樹幹流」という現象らしい。
雨の日にしか見られない現象。
20170513 雨の公園-樹幹流


そしてまた歩く
20170513 雨の公園-4

「横浜散歩」 CP+ 〜 のんびりと

今日まで開催していた、カメラと写真のワールドプレミアショー「CP+ 2017」に兄ちゃんと少し早起きして二人で行ってきた。

まっ、職業柄というのか趣味柄というのか・・・今年もとりあえず行こうかなと。
今日は一眼のデジタルカメラはお休み。
久しぶりにMZ-5に36枚撮りのモノクロフィルムを詰めて28mm広角という軽装備。
あとはいつものコンパクトデジカメを持って、二人でパチパチ自撮り。

何となく今年のCP+は全体的にカメラの新製品発表が殆ど無く、アウトレットも覗いてみたけれど買いたい物・買える物も無かった。
でも兄ちゃんはスタンプラリーと展示してあるカメラを触ってかなり喜んでた。
逆に子供連れだと写真家さんの話が聞けなかった・・・。

PENTAX KP マジで欲しいな。
路上ライブを撮っている人は高感度強いしオススメだと思う。
しかもフィルムカメラを使っていた人は分かると思うけれど、張り出したグリップの上ではなく、軍艦部にシャッターボタンがあるのが良い!
銀色のボディに黒レンズなんて、ちょっとフィルムっぽくて良いじゃない。
バッテリーグリップなんて付けずにカメラとレンズ一本でお散歩カメラに最高!
(逆にグリップL付けてもらったら、私は逆にシャッタ切りにくかった(笑))
20170226 CP+PENTAX_KP-1


20170226 CP+PENTAX_KP-2


最終日だからか、今年はコンパニオンのおねーちゃんが少なかったからか、プレゼントグッズの配布が少なかったからか、比較的空いていた気がする。

CP+を見た後は、夕方まで二人でゆっくりと散歩した。
歩いたね。メチャクチャ横浜の街を歩いた気がする。

今日一番の収穫は、兄ちゃんといっぱい話しながらのんびりと歩いた事。
とにかくこれが一番嬉しい。
20170226 ユリカモメ

谷中散歩 〜 猫のいる風景

日暮里駅から谷中を散歩する。

「夕やけだんだん」の階段から、谷中銀座に向かう。

少し遠回りして、千駄木〜上野方面に向かってゆっくりと散歩する。

谷中で見つけた「猫のいる風景」

可愛いワンちゃんこっち見て「猫みたいな模様だけど犬なんだよ〜」って言っているのかな?

20161123 谷中散歩

タンポポ

広場の片隅で咲いていたタンポポ。

何となく嬉しくなった。
20150412 蒲公英

あの桜並木に

桜のシーズンに、あの景色を見に行かなかったな・・・

そんな事を思い出し、
今年最後の桜を見に、あの用水路の桜並木に行ってみた。

まだ少しだけ桜が残っていた。
見上げて暫く眺めていた。
20150411 桜

一人この道を歩く。
散歩ですれ違う人も殆どいなかった。
20150411 桜並木

次の橋まで散歩した。
水面に流れる無数の花びらがとても綺麗だった。
20150411 橋の景色

少し小雨が降ってきた。
桜のシーズンが終わると共に、この黄色い花達が綺麗に咲き始める。

桜の花びらが、ひとひら、ふたひらと舞う中、
道端にポツリと咲いていた、とても好きな黄色い花。
20150411 タンポポ


この所、冬の寒さがまた引き返してきたけれど、
長かった冬も終わりを告げ、これからすぐに暖かくなる気がした。
20150411 菜の花

今年は少し遅かったけれど、この用水路の景色を見る事が出来た。
ありがとう。
そしてまた来年に綺麗な花を咲かせたら見に行こうと思っている。

さくらの花の咲くころに

うれしいときも つらいときにも

あの歌を口ずさむの

覚えていてね 想いだしてね

さくらの花の咲くころに

20150328 さくらの花の咲くころに


桜が綺麗な時期になりました。
昔のマニュアルレンズを付けてカメラ片手に少し散歩しました。

しかし明日は雨の予報。
咲き始めた桜が散らなければ良いが。
そしてあるライブイベントは既に中止決定になったりしています・・・。

でも明日から青森では2days!
きっと盛り上がる事だろう。
そして・・・今日は青森でついに彼は結婚報告だそうです!
おめでとうございます(笑)

スワンナプームの守り神

スワンナプーム国際空港の守り神達
RAVANA
20150310 スワンナプーム-RAVANA


SAHASSADEJA
20150310 スワンナプーム-SAHASSADEJA


TOSAGIRITHORN
20150310 スワンナプーム-TOSAGIRITHORN


TOSAGIRIVAN
20150310 スワンナプーム-TOSAGIRIVAN


VIRUNCAMBAN
20150310 スワンナプーム-VIRUNCAMBAN


ASKAN-MARA
20150310 スワンナプーム-ASKAN-MARA




ペッチャブリーでタイ国鉄に出会う

スクンビットからMRT(地下鉄)で一駅、16バーツの切符を買った。
実際には日本みたいに紙の切符ではなくトークンというコイン。

MRTを降りてエアポートレールリンクへ乗り換える。
乗り換えは少しは歩くが、駅から駅までは歩いてすぐの距離だ。
特に大きな荷物を持っていてもエレベーターもあるし、エアポートからバンコク市内へそしてその逆もタクシーを使わなくても大丈夫だと私は思います。
エアポートからスクンビットまで35+16=51B
200円程度と、タクシーより全然値段安いしね。

そんなペッチャブリー駅からマッカサンに向かう歩道橋の上で、タイ国鉄の列車が来るのが見えた。
急ぐ旅ではないし、珍しいタイ国鉄の列車に遭遇したのだからと橋の上から眺めていた。

線路は単線、ディーゼル列車。
何となく旅の風情がある列車がゆっくりと走って行った。

先日、寺院巡りをしたフワランポーン駅が始発駅。
いつかこの列車に乗って旅をしてみたいと思った。
20150310 タイ国鉄


20150310 タイ国鉄 2


本当にココはいつも大渋滞してるね。

タイのコカ・コーラ

きっと世界中のコカ・コーラカーは赤いんだろうな。

このタイにもコカ・コーラカーがあった。

よく見るとドアは錆びていて、車はかなり使い込まれた感じ。

色んな飲み物が山積みで乗ってるね。
image




ワットアルン(暁の寺)に行ってみた

渡し船を降り、みんなの向かった先は、ワット アルン(暁の寺)
タイに来た人ならば、必ず手にする10B硬貨。
このお金に刻まれているのがこのワット アルンです。
また、三島由紀夫「暁の寺」の舞台でもあるそうです。私は読んだ事がありません・・・。
一緒に財布に入っていた旅のお守りの500円玉より少し小さい。
20150304 10B硬貨

チケットは50B このチケットにも10B硬貨が描かれています。
20150304 アットアルン-1

今日はマカブーチャ(万仏祭)だからかな?
寺院のすぐ横では、お経なのかな?なんだか歌声みたいな感じのが聞こえてきた。
神奈川県 湘南地方の神輿甚句を聞いている様でちょっと懐かしく、そしてちょっと笑えた。
私の出身地である湘南の神輿甚句を聞くと、不思議と足が踊ってしまう。

少し残念だったのが、ワット アルンは只今全面改装工事中。
あらら・・・
20150304 アットアルン-2

しかし暁の寺と称されるこの寺院はとても綺麗だった。
ココロが落ち着きます。
20150304 アットアルン-3

ハヌマーンなのかな?猿神様が支えています。
20150304 アットアルン-5

そしてこの寺院は見上げると物凄い急な階段を上っていきます。
20150304 アットアルン-4

上に登って見下ろします。写真では分かりずらいですが、かなり急です。
20150304 アットアルン-6

残念ながら仏塔にはこれ以上は昇る事が出来ませんでしたが、ここからも物凄い急な階段が続きます。
20150304 アットアルン-7

仏塔の上には、ヒンドゥー教のエラワンという三つの頭のある象、そして座るのがインドラという神様だそうです。
20150304 アットアルン-8

そして日が暮れていきます・・・。
そらのいろ PM 5:29 (タイ時間)
20150304 アットアルンの夕暮れ

裏にまわるとこんな感じで改修工事しています・・・。
20150304 アットアルン-9

でも、もう一度いつか訪れたいと思う寺院でした。
20150304 アットアルン-10

渡し船に乗って

ワット ポーを出た後、あのバス通りに向かう。
あの赤いバスが通り過ぎで行った。
20150304 船着き場に向かう

移動手段では定番のトゥクトゥクも客待ちで止まっている。
20150304 船着き場に向かう2

この道路を渡ると、すぐにマーケットがある。
20150304 船着き場に向かう3

屋台には美味しそうなものが沢山ある。
20150304 船着き場に向かう4

その中を真っ直ぐ進んでいく。
20150304 船着き場に向かう5


突当たりには乗船場がある。
私は片道3Bを払い、向こう岸に渡る事にした。
この外人さん達とても綺麗でした。(私も外人さんですが・・・)
20150304 船着き場に向かう6

そして船でチャオプラヤ川を渡る。ほんの数分で着いてしまう。
20150304 渡し船-1

そらのいろ PM 5:09 (タイ時間)
雲一つない空。しかしタイの空は何となくすっきりとした青ではない。
20150304 渡し船-2

船は満員、かなり混んでいた。みんな一斉に船を降りる。
20150304 渡し船-3

みんなの向かう先はワット アルン。

ワットポー(涅槃寺)に行ってみた (後編)

このワット ポーは何となく好きなお寺だな。
人は多いけれど、何となく落ち着く気がする。

このタイのお寺巡りの注意点は、服装です。
タイは一年中暑しい、少し肌を露出させた服を着る事が多くなると思います。
が・・・ノースリーブなどは入場禁止です。男の人も短パン、サンダルで行くと怒られます。
寺院の入口で羽織みたいなのを借ります(有料なのかデポジットです)
あと、寺院の本堂などでは、場所によって前の方に外国人が座ろうとすると、
おじさんにお前らは後ろだと止められます。ちょっと注意です。

涅槃像がある本堂を出た後、寺院の中を散歩しました。
タイ式建築というのか、西洋式建築というのかわかりませんが、とても美しかったです。

20150304 ワットポー-1


20150304 ワットポー-2


20150304 ワットポー-3


20150304 ワットポー-4


20150304 ワットポー-5


20150304 ワットポー-6

こんなおじさんの石像も・・・出っ歯だし(笑)
誰かに似ている様な気も・・・。
20150304 ワットポー-7


20150304 ワットポー-8

太陽が少しずつ傾いてきている。まだ外は暑くて倒れそうだけど綺麗な景色に出会えた。
20150304 ワットポー-9


20150304 ワットポー-10


そしてこれが無料のペットボトル。チケットと交換です。
冷たい!生き返る〜!
ワット ポーのオリジナルラベルでした。
20150304 ワットポーfreewater

そして私はこのワット ポーを楽しんだ後、ある場所へ歩きだしました。

ワットポー(涅槃寺)に行ってみた (前篇)

今日はあの場所へ行ってみた。バンコク三大寺院巡りの続き。

53番のバスを前回の一つ前の停留所で下りて少し歩いて戻った。
本当はもう一つ手前が一番良かったのかもしれない。

ワット ポー(涅槃寺)に行ってみました。
20150304 涅槃像

「涅槃で待つ」という言葉があるけれど・・・これ知っている人はそれなりの年齢だよね(笑)
私は誰も待たない気楽な一人旅。
100Bのチケットを買って中に入った。
良く見ると・・・オリジナルペットボトル1本付き(笑)
タイは毎日暑いしね。お水はとても有り難い。
20150304 ワットポーチケット


このワットポーの各門の左右には、中国の石像がドーンと大きく立っています。
商人達が貿易船で中国へ荷物を持って行き、荷物が空になった帰りの船のバランスを取るのに
これらの石像を積んで船を安定させたそうです。
20150304 石像-2


20150304 石像-1


20150304 石像-3


そして涅槃像は全身を金箔で覆われ、長さ49m、高さ12mだそうです。
みんなカメラで撮っているんだけれど、なかなか全身は入らないね。
20150304 涅槃像2


20150304 涅槃像3


そして涅槃像の足の指はぐるぐる渦巻きです。
20150304 涅槃像の足の指


20150304 涅槃像の足の指2

足の裏は、螺鈿(らでん)と呼ばれる貝殻の内側のキラキラした部分を使って、108箇所あるそうです。
108とは煩悩の数ですね。足の裏に手を合わせました。
20150304 涅槃像の足の指3


そして涅槃像の後ろ側に来ました。
20Bを支払うと、このお金が手渡されます。
20150304 煩悩-1

そして鉢にお金を一つずつ入れていきます。本当は一つ一つ祈ればいいのだろうけども、
休日は観光客がごった返してますのでどんどん入れて行きます。イイ音がします。
きっと108箇所あるのでしょう。
20150304 煩悩-2

タイ人の女性が涅槃像の裏側でゆっくりと座って祈りを捧げていたので、私も一緒に涅槃像の下に座り、少しだけ手を合わせていました。
私は無宗教ですが・・・日本人なのでその辺は臨機応変に(笑)
釈迦様は右手を頭に添え、枕は二段重ね。
「枕を高くして寝る」というのはこの事なのかな?
20150304 涅槃像の裏側

私がその場を立ち去る時、そのタイ人の女性は私にニコッと微笑んでくれました。
Profile
hota
空を見上げるのが大好きです。
「そらのいろ」
今でも撮り続けています。
最近はデジタルカメラを片手に路上ライブや休日の散歩を楽しんでいます。
MUSIQUA
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

月別アーカイブ