Spiritual voice

address resolution protocol みんなとつながっている世界のはずなのに、どこにいるか分らない・・・

見沼

見沼の田植え 〜 黄金色の水面

見沼のあの橋の近く、一面に広がる田んぼを見てきた。

今年の田植えは、ほぼ完了していた。
これから徐々に稲が成長していく姿が見られる。

夕暮れの時間。
まだ植えたばかりの稲。 そして黄金色の水面。
20180527 見沼たんぼ-1

田植えの頃に 〜 のんびりと

見沼の加田屋地区を見てきた。
ここも半分は田植えが終わっていて、これからという所も半分あるかな。

少しのんびりと歩いてみた。
田園風景はココロが落ち着く。
20180519 田植えの景色

田植えの頃に

初夏の訪れと共に、見沼でも田植えが始まった。

まだ水を引いていない所、水を引き始めた所、田植えを初めた所。

これから秋まで徐々に稲が大きくなっていく。
ビルだらけの新都心からほんの少しだけ外れただけの見沼は
まるで田舎にトリップした様な田園風景が広がる。
そんな風景を見ていきたい。

20180512 見沼の田植え-1


20180512 見沼の田植え-2


20180512 見沼の田植え-3

菜の花ミツバチ

見沼へ菜の花を見に行った。

「ぶんぶんぶん はちがとぶ」

菜の花畑 花から花へ ミツバチさんが飛んでいた

20180421 菜の花ミツバチ


見沼で空を見上げる

見沼の土手沿いに咲いていた菜の花

朝からずっと黒い雲に覆われていたが、空は晴れてきた。

風が強く少し肌寒い。

気持ち良い空を見上げていた。

20180407 見沼の菜の花2

見沼は田植えの時期に

見沼に行ってみた。
すでに田植えの時期が始まっていた。

畦を歩く。
カエルがぴょこんと畦から田んぼにジャンプする。
そんな5月の景色を眺めた。

20170527 見沼の田植え

「見沼の春の景色」

「見沼の春の景色」

桜の季節に終わりを告げた見沼の春
川の土手には一面、菜の花が満開に咲いています!
どこまでも黄色い絨毯が敷いてある様です。
20170423 菜の花


20170423 菜の花B


そしてタンポポも
ふわふわと綿毛が空に舞い上がり、まだ見た事のない遠くの場所まで飛んでいけ!
20170423 蒲公英


コサギが小魚を狙って、てくてくと川の中を歩いている。
足元ではビックリした鯉がバシャッと逃げていく。
寒い時期には無い二本の冠毛も長く伸びていて、暖かい春の訪れを知る。
20170423 コサギ冠毛


そして夕刻のそらのいろ
お日様は雲の中にかくれんぼ。
辺りが一瞬暗くなる。
雲は光と影のコントラスト、とてもきれいに輝いていた。
20170423 そらのいろA


お日様み〜つけた!
20170423 そらのいろB


土手の菜の花の向こうには、もうすぐ沈むお日様。
逆光で照らされた景色。
とても素敵な夕暮れを見る事が出来た。
今日という一日が終わろうとしている。
20170423 夕暮れ

あの橋の上で 〜 見沼の空

もうすぐ一日が終わる夕暮れの時間

そらのいろ 16:16

岩船ひろきさんが時々見上げている同じあの橋の上で
ゆっくりと沈んでいくお日様を眺めていた。

20161217 見沼の空



そしてこの橋の上から見える その真っ直ぐ先にあるのは・・・
目指すはさいたまスーパーアリーナ!!!
20161217 見沼の空2


水面に写った空がとても綺麗な夕暮れだった。
すっかり暗くなった見沼たんぼの景色を眺めながら帰路についた。

雨の見沼でサギに会う

2016年9月19日(月) 敬老の日

雨の見沼田んぼに「案山子(かかし)」を見に行こうと探してみた。
結局、何処に案山子達が居るのかも良くわからず。
きっと時期も終わりなのだろう。

ぐるぐる回ってみたら雨の見沼で一人だけ「案山子」にあった。
そして「サギ」に会った。
20160919 案山子_見沼田んぼ


きっと「チュウサギ」だと思う。
白くて、くちばしが黄色だった。
飛び去っていく姿はとても綺麗だった。
20160919 チュウサギ_見沼たんぼ


道端にコスモスも見つけた。
雨の中、傘も差さずに見沼の景色を見ていた。
20160919 コスモス_見沼田んぼ

Profile
hota
空を見上げるのが大好きです。
「そらのいろ」
今でも撮り続けています。
最近はデジタルカメラを片手に路上ライブや休日の散歩を楽しんでいます。
MUSIQUA
weather report
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

月別アーカイブ