Spiritual voice

address resolution protocol みんなとつながっている世界のはずなのに、どこにいるか分らない・・・

見沼たんぼ

見沼たんぼの小さなカエルくん

ガソリンのランプは点灯、メーターは線の下まで来ていた。
まだいける!と給油は無視して(笑)カメラ片手に一人ドライブ
見沼たんぼへ行ってみた。

今日は曇り空
そしてまだ案山子は居なかった。

畦を歩いた。
なんか来たぞ!と小さなカエルがピョン!と田んぼに飛び込む。
そんな姿が可愛くて、ついつい歩いてしまう。

緑の小さなアマガエルは分かるのだが、同じ位の大きさの小さなカエル。
緑のカエルと茶色のカエルが半々位。

こちらの茶色いカエルもアマガエルだろうか?
ウキクサの上におとなしく座って(?)いました。

逃げない様にそ〜っとカメラだけを近づけてパチリと。

20180707 見沼たんぼの小さなカエルくん

ひょっこり

ひょっこり

20180707 ひょっこり


稲は徐々に大きくなり

見沼の稲は徐々に大きく成長しています。

20180707 見沼の稲

見沼たんぼを散歩する 〜 夕焼けは出ますか?

ほぼ毎週土曜日の16時〜17時は見沼たんぼに行っている。
子供達を迎えに行くまでのほんの少しの時間だけ。
今週もカメラ片手に見沼の景色を眺めてきた。

田植えの終わった見沼たんぼ
最初ひょろひょろとしていた稲も、徐々に大きくなってきた。
水面に写る空がとても眩しく、そしてきれいだ。
20180609 見沼たんぼ-1


畦を歩く、
シロツメクサが群生していた。
田んぼの中にはオタマジャクシが沢山いた。
もう少し経って小さなカエルになると、畦を歩くと「ピョン」と田んぼの中に逃げる。
とてもかわいいその姿は、もう少しすると出会えるだろう。
20180609 見沼たんぼ-2


空には雲雀(ヒバリ)が飛んでいた。
なんでヒバリは飛ぶのが下手なんだろうか。
いつもさえずりながら田畑の上空を一生懸命羽ばたいているのに、なぜ前に進まないのだろうか・・・
きっと多くの人が疑問に思っている事だと・・・思う。

実はヒバリがさえずりながら前に進まないのは「自分の縄張り」を主張するため。
前に進まないのではなく、ホバリングしながら鳴き続ける。
これは「ヒバリの高鳴き」という行為で、ヒバリは木の上ではなく地上に巣を作るので縄張りを主張しているのだそうだ。
確かに、大空に向かって垂直に高く飛び上がって前に進まない謎が解けた。
降りるときも垂直に降りるそうだ。
20180609 見沼たんぼ-3


この田んぼは稲の品種が違うのだろうか、
密に植えられていて更に大きく、一面緑色で覆われていた。
20180609 見沼たんぼ-4


太陽が雲に隠れてしまった。
まん丸なお日様の形がわかる。
20180609 見沼たんぼ-5


光芒が射してきた。
20180609 見沼たんぼ-6


空を見ていたら若い男の子に声をかけられた。
「今日、夕焼けは出ますか?」と。
彼は自転車で来ていてスマートフォンで写真を撮っていると言っていた。

私の答えは、今日は難しいかもね。
そう答えた。

夕暮れの空までまだ一時間以上ある。
雲が切れてくれば出るかもしれないが、
今日は見えている空が青くないからと・・・
何の根拠もない答えをした。

夕日がきれいに見えるのは「そらのいろ」が青い気がする。
雲が出ていても、切れ間から見える空は青い気がする。

結果、今日の夕暮れの空は夕焼けは出なかった。

20180609 見沼たんぼ-7

見沼は今収穫期 稲穂は黄金に輝き

見沼の稲が実った

今が収穫期

稲穂は黄金に輝いていた。

20170909 見沼は今収穫期


20170909 見沼は今収穫期2



見沼たんぼの小さな生き物たち

岩船ひろきさん主催の虫取りイベントが8月8日(火)に行われる。

このイベントは岩船くんが
「一人で虫取りするよりも、みんなでする方が楽しい!」
ということで企画したイベント。

市川セカイさんも参加するけれど、昼間は音楽のライブではなく
見沼たんぼでみんなで虫取り&生態系観察&ゴミ拾いをしよう!
捕まえた昆虫は観察してすぐに元の虫たちの世界に戻してあげよう!
という、とても楽しそうなイベントです。

とても行きたい〜っ!!!って思うけれど、お仕事の日。
なので、少し先取りしてカメラ片手に「見沼のかかし」を見た後に
「畦」をガサゴソと歩いて小さな生き物を見てきました。

蛙を見つけては、そ〜っとカメラを蛙に近づける・・・が
「ピョン!」
なんか変なのが来たぞ!って「たんぼ」に逃げられてしまう。
魚眼レンズなので1cm位、遠くても数センチまで近づくのはとても難しい・・・

小さな生き物達の顔、とてもかわいい。

20170805 見沼たんぼの小さな生き物-蛙1


20170805 見沼たんぼの小さな生き物-イナゴ1


20170805 見沼たんぼの小さな生き物-イナゴ2


20170805 見沼たんぼの小さな生き物-蛙2


8月8日はルートを見ると相当歩く事が想定されるので
しっかりと長距離を歩ける靴、帽子、タオル、飲み物、両手が使えるカバン
そして着替えは必需品です!

みんな笑顔 〜 見沼たんぼのかかし達

先日見に行った時はみんなで一か所に集合していたけれど、

夜になってから歩いて移動したのか、

たんぼを取り囲む様に、守るように立っていた。

見沼たんぼのかかし達は・・・

「みんな笑顔」

20170805 見沼たんぼのかかし-1


20170805 見沼たんぼのかかし-2


20170805 見沼たんぼのかかし-3


20170805 見沼たんぼのかかし-4


20170805 見沼たんぼのかかし-5


20170805 見沼たんぼのかかし-6


20170805 見沼たんぼのかかし-7


20170805 見沼たんぼのかかし-8


20170805 見沼たんぼのかかし-9


20170805 見沼たんぼのかかし-10


20170805 見沼たんぼのかかし-11


見沼たんぼのイネも花が咲いてきて、とても大きく育ってきました。

「私の好きな見沼たんぼ2017」写真コンクール

「見沼たんぼ」好きな皆さん。

そろそろ準備しなきゃの頃ですよ・・・

「私の好きな見沼たんぼ2017」写真コンクール

8月4日(金曜日)(郵送の場合は当日消印有効)まで受け付けだそうです。

一人一点のみ!

A4または四つ切とCD-Rでのデータ提出が必須ですが、家庭用プリンターでもA4サイズなら最近はプリント出せますので興味がある人は是非どうぞ!

あの橋の上で撮った風景とか、田んぼの写真とか見直せば良いのがあるのかな・・・
私のは駄作ばかりの気がするので出すのもどうかと考え中。

と言っていたら締め切りが過ぎてしまう気がするのでblogに一応記しておく。

そうそう、週末に見沼たんぼを見てきました。
稲もすくすくと育っています。
緑がとても奇麗でした!
20170722 見沼の稲

見沼たんぼの夕暮れ

徐々に陽が傾く、一日の終わりが近づいている。

「見沼たんぼの夕暮れ」

そらのいろ 18:29

20170604 夕日

見沼たんぼでダイサギに出会った

見沼たんぼの夕暮れ時、大きなダイサギを見つけた。

田んぼの中を優雅に歩く。

時々くちばしを水面に入れて、おたまじゃくしを捕まえていた。

私は道端に腰かけて、ダイサギを眺めていた。

お腹いっぱいになったのか、翼を広げて大空に飛んで行ってしまった。

20170604 見沼のダイサギ


Profile
hota
空を見上げるのが大好きです。
「そらのいろ」
今でも撮り続けています。
最近はデジタルカメラを片手に路上ライブや休日の散歩を楽しんでいます。
MUSIQUA
weather report
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

月別アーカイブ