Spiritual voice

address resolution protocol みんなとつながっている世界のはずなのに、どこにいるか分らない・・・

「刻々と変化する空」

「刻々と変化する空」

一日の終わりを告げるお日様が沈んでいくのを見届けた。
その直後、ほんの一瞬だけ街がオレンジ色の光に包まれた。
そして真っ赤な空が広がった。

そらのいろは、まるで人の気持ちと同じようだ。

ニコニコと笑顔で一日を過ごしてみたり。
ときには真っ赤な顔になってみたり。
笑っていたかと思えば、突然泣き出してみたり。
突然怒ってみたり。
一日中気持ちが沈んでいたり・・・。

色んな気持ちの日があるから、また笑顔の一日を迎えられる。

20170604 夕暮れ時A


20170604 夕暮れ時B


20170604 夕暮れ時C


20170604 夕暮れ時D


見上げれば、空 〜 橋の上から

きっと今頃は球場で歌っているだろう。

そんな時刻に私はあの橋の上から空を見上げていた。

20170604 あの橋の上で


この夕暮れの空を見上げたら

朝方帰宅したけれど・・・
田舎の朝は早くて、朝食を食べてから眠りについた。

それほど寝れずに、昼間もずっとダラダラと・・・最高のGW (笑)
TeNYの天気予報では「てっとくん」のあのBGMが流れていた。

夕暮れの時間、カメラ片手に外に出る。
徐々に空が暗くなる。
昼間の気温は関東とあまり変わらないけれど、朝夜はやはり肌寒い。
この空を見上げたら帰る準備を始めよう。
きっと関越も渋滞しているだろうから・・・
ゆっくりお風呂につかって、子供たちは寝る準備をしてから出発しよう。

そらのいろ 18:32
20170505 夕暮れ


そらのいろ

そらのいろ 17:38
20160321 そらのいろ

お昼のランチタイム、そして・・・3時のお茶タイム

今日からお仕事開始。
少し懐かしいあの風景があった。

まともに英語も話せないのに・・・現地のスタッフを捕まえて
だべっ!だべっ!・・・と
変な英語と、変な日本語とが混じりながらも何とか会話している。
不思議と分かるもんだ。

そしてお昼休み。
現地のタイ人スタッフがこっちだよと呼んでくれて一緒にお昼を食べた。
何を言っているのか全く分からないけれど、みんな楽しそうに話していた。
20150225 お昼


見上げた「そらのいろ」 PM 12:37 (タイ時間)
こちらの気温は34℃もある。暑い・・・
20150225 そらのいろ


そして3時のお茶タイム・・・負けた。
甘いのばかり飲んでたら太るよね〜と思っていたけれど・・・
結局、甘い誘惑には勝てなかった。
とにかく甘〜い。でもこれが良いんだ!
20150225 3時のおやつ

そらのいろ 〜 世界の窓から 〜

飛行機の窓から見た光景。

雲の上はずっと青空。

それぞれの場所で色んな雲の形があった。

雲はまるで雪山の様だった。

20150224 そらのいろ-1


20150224 そらのいろ-2


20150224 そらのいろ-3


20150224 そらのいろ-4

そらのいろ 〜 静寂 〜

いつもと同じ土手沿いの景色。

今日は静寂な朝を迎えた。

それほど寒くはない。


風は少し吹いている。

草たちが「ざわざわ」とみんなで話している。

そんな散歩道。

そらのいろ AM7:36
静寂な朝

そらのいろ 〜 空を見上げて 〜

美術館のある公園に行った。

空を見上げた。

雲たちは、ゆっくりと空の旅を続けていた。

そらのいろ PM 1:17
20140126 そらを見上げて

オールドレンズは全然古くないんだよ

1977年に発売されたレンズを買った。
少なくても今から、35年近く前に作られたレンズだ。
最近では「オールドレンズ」と呼ばれている。

smc PENTAX-M 28mm 1:2.8
ちなみに前期型。

焦点距離 f=28mm  開放絞り F2.8
APS-Cサイズに付けると、f=42mm相当かな。
レンズ構成は7群7枚
単玉7枚構成だから、バル切れも発生しないしね。

時代の流れには逆らえず、最近デジタル一眼を買ってみた。
デジタル用に開発したきっちりとした高解像力、
そして最新のコート技術を使ったレンズはそれなりの魅力はある。
値段も物凄く魅力的だけど・・・。

ピント、絞り、シャタースピートを決めてシャッターを切る。
カメラが持っている必要最低限な機能。

最近カメラブームと言っても、
撮影者が意図して行うカメラ本来の作業は無くなっている。
全て全自動でカメラ任せ。しかも無意味な連写。
露光を変える訳でもなく、みんな競って連写で撮影している。
自分も含めてね。
それならコンパクトカメラ持っていた方がイイのでは?なんて思う。

フィルム世代の私にとって
ピントも、絞りも、シャッターも
全て自分で決めなければならないカメラを使う事は何の抵抗もない。
所詮、フィルムなら36枚しか撮れないんだから。
(ちなみにずっとNikon F2使ってました)

現像して、初めて見る事が出来るあの写真一枚の重み、
そしてあのワクワク感が今は無くなっている。



PENTAX (RICOH) のカメラは、電子接点の無いどんな古いオールドレンズでも
ワンボタンで絞り込んで露光決めてくれるモードがある。
これ以外と便利で絞り優先オートと同じ感じ。
ってカメラに半分やってもらってるじゃん!(笑)


そんなf=28mmで撮ってみた。ちなみにカメラはK-5
きっと最新設計のキッチリした解像力ではないけれど、
ゴーストも少なくて一本だけ付けてお散歩レンズには意外とイイ感じ。

新しくやってきた、オールドレンズくん。
オールドレンズは全然古くないんだ。


そらのいろ AM9:45
今日は一日晴れの予報。
20140126 そらのいろ

そらのいろ 〜 いろんないろ 〜

今日一日の変化
「そらのいろ」は一日の中でいろんな色に変わっていった。

朝のいろ AM7:56
厚い雲に覆われ、今にも雪が降り出しそうな空。
しかし結局、私の居た場所では雪が降ることはなかった。
20140118 朝の色

夕刻の空 PM5:22
空は晴れの天気に変わっていた。
太陽が沈んだ後、徐々に暗くなる空。
その空のグラデーションがとても綺麗だった。
20140118 夕刻の空

そして夜の空 PM7:24
駅からの帰り道、東の方角。
かなり低い位置に「真っ赤なお月様」が出ていた。
急いで家に帰り、カメラを持って外に出た。
10140118 赤い月

そらは毎日いろんな色を見せてくれる。
だから私は毎日、空を見上げる。
きっと誰かと同じそらを見上げているだろう。
そらはずっと繋がっているから。

そらのいろ 〜 きっとHappyな日 〜

今日も駅を出て、いつもの土手沿いを歩いて出勤。

昨晩の「ミニマムーン」を見たから、きっと今日はHappyになる。

同じ空なのに、違う表情を見せる空。

まるで外国の絵画を見ている様な綺麗な空が広がっていた。

今日はちょっとニコニコしてる。

20140117 そらのいろ

そらのいろ 〜 光と影 〜

そらのいろ 15:55

徐々に夕刻を告げる空へと変わっていく。

太陽は雲の中へと消えていった。

「光と影」

広い空の中のそんな一部分を切り取ってみた。
20140113 空


三連休も今日で終わり。明日からまた仕事・・・。
毎日早起きの日々が戻ってくる。

でも、今週は私にとって凄く楽しみにしている事がある。
ずっとその日を待っている。

だから毎日、空を見上げている。
きっと明日もまた頑張れる。

そらのいろ 〜寒い朝〜

昨日の夜は、パラパラと粉雪が舞っていた。
きっとこの冬初めての雪。

そして今日もいつもの土手沿いを歩く。
今年一番の冷え込みで、カメラを持つ手が悴む。
しかし、久しぶりの綺麗な空。
空のキャンパスには、いろんな色が描かれていた。
そらのいろ AM7:46
20140110 そらのいろ

そらのいろ 〜さかさま世界〜

今日は朝から曇り空。
手も悴むほど寒い。

いつもの時間にいつもの土手沿いを歩く。
水面に映った景色

「さかさま世界」

そらのいろ AM7:41
今日はこれから雨が降るらしい。
20140108 さかさま世界

そらのいろ 〜のほほんと〜

2013年12月30日(月)

年末の街はみんな忙しそうに駆け回っている。
駅前の銀行はいつもに増して並んでいた。

駅前の雑踏を少し離れていつもの珈琲ショップへ
ここも年末で少し混んでいた。
窓際の席はとてもポカポカでこのまま寝てしまいたい気分。

一人珈琲を飲みながら。

空を見上げた。

空はいつもの通り青く、ゆっくりと時間を忘れたかの様に
のほほんとした雲が流れていった。
20131230 そらのいろ

Profile
hota
空を見上げるのが大好きです。
「そらのいろ」
今でも撮り続けています。
最近はデジタルカメラを片手に路上ライブや休日の散歩を楽しんでいます。
MUSIQUA
weather report
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

月別アーカイブ